▲このページの上部へ

新橋ファーストクリニックスタッフブログ

中折れEDを否定しないで

2019-03-13 (水曜日) 

どのような病気でも、患者さんは「自分は病気ではない」と思いたいものです。 ED(勃起不全症)はプライドにかかわるので、患者さんはさらに強くEDを否定しようとします。 そして中折れEDの患者さんは、それよりももっと強く「自分はEDではない」と思う傾向があります。 それは、中折れEDはれっきとしたEDなのに「EDではないような現象」があるからです。 中折れEDを否定せず、早期の治療に取り組むことを強くおすすめします。 中折れEDとは 中折れEDとは、自力で勃起して性交を始めることはできるものの、挿入中に勃起がやんでしまう症状です。 途中で「竿(さお、ペニスの隠語)」が…

記事の続きを見る
カテゴリータグ:EDについて

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)

「インポ」は差別用語とみなされ「ED」になった

2019-03-04 (月曜日) 

最近「インポ」や「インポテンツ」という言葉を聞かなくなったと思いませんか。 その印象は正しくて、いまでは勃起しない症状のことを「ED」と呼ぶようになっています。 インポという言葉には侮蔑的な意味が含まれてしまったため差別用語とみなされ、使われなくなったのです。 インポはドイツ語のインポテンツ(Impotenz)が語源 インポの語源は、ドイツ語のImpotenz(インポテンツ)です。 日本の医療はかつて、ドイツから学んだのでドイツ語が使われたのです。 日本でのインポテンツは「性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれかひとつ以上が欠ける状態」と定義されていました。 イン…

記事の続きを見る
カテゴリータグ:EDについて

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)

EDに悩む男性の患者数が意味することとは

2019-02-21 (木曜日) 

既にED(勃起障害)である事が分かっている方や、EDかもしれないと悩んでいる方は是非、この数字を覚えておいてください。 ★11,300,000人(※1) これは国内のEDの患者さんの数です。 そして次の数字も知っておいてください。 ★3人に1人(※1) これは40歳以上の男性に占めるED患者さんの割合です。 そして次の数字も紹介します。 ★900,000人(※1) この数字はED治療を受けている人の数です。 EDの患者数が1,130万人もいるのに、治療を受けている方は90万人しかいないのです。 つまり治療を受けているED患者は1割に満たないの…

記事の続きを見る
カテゴリータグ:EDについて

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)
1234567  次へ  [最後へ]
新橋ファーストクリニック
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました
診療時間
ED・AGA相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

ED・AGAの無料相談はコチラ

ブログ内検索

RSS1.0RSS2.0ATOM
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました