診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の基本知識・処方価格

バイアグラジェネリックの基本知識・処方価格

バイアグラジェネリックの処方価格

25mg:1錠 380円~

50mg:1錠 750円~

※価格の詳細はこちらをご覧ください

この記事の監修者

noimg

新橋ファーストクリニック 院長

市村 明

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

バイアグラジェネリックとは?

バイアグラジェネリックについて説明する男性

バイアグラジェネリックとは、ファイザー株式会社が製造販売しているバイアグラ以外で、厚生労働省から承認を受けた、有効成分「シルデナフィル」を含むED治療薬のことです。

バイアグラのジェネリック医薬品」、または「バイアグラの後発医薬品」と言います。
一昔前は、ジェネリック医薬品のことを「先発医薬品の特許権がなくなるとゾロゾロと後発医薬品が出る」ということから「ゾロ(ゾロ品)」と呼ばれていたので、「バイアグラのゾロ」と呼ぶ方もいます。

日本国内では、1999年1月25日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、同年3月23日にバイアグラの発売が開始されました。
その後、バイアグラの日本国内での販売から25年が経過した2014年5月13日、ついにバイアグラの用途特許の満了を迎えることとなります。

2014年5月19日には、日本国内の製薬会社が厚生労働省から製造販売承認を取得し、同年5月26日に日本国内初の「バイアグラジェネリック(バイアグラのジェネリック医薬品)」が発売されました。

バイアグラジェネリックの登場により、バイアグラよりも経済的にED治療を受けることが可能となりました。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許期間が満了することで製造販売が可能となる医薬品のことです。
ジェネリック医薬品は、厚生労働省の承認を得て製造販売される新薬と基本的に同一の有効成分を同一量含み、同一の効果・効能・用法・用量であることを条件に厚生労働省から承認された医薬品です。

日本国内で販売されているジェネリック医薬品は、厚生労働省の承認を受けているので、効果や安全性に問題はありません

医療先進国のアメリカでは、医薬品を商品名ではなく、有効成分の「一般名(generic name)」で処方することから、世界的に「ジェネリック医薬品」と呼ばれるようになりました。

先発医薬品とは?

新しい効果・効能を持つ医薬品について、日本国内で最初に発売される新薬を「先発医薬品」と呼びます。
先発医薬品は特許を取得して発売されますが、この特許の有効期限は20年です(最大5年間の延長が認められています)。

一般的に新薬を作るには十数年程度に渡る長い期間と、その間にかかる膨大な開発費用(数百億円以上)が必要です。
有効成分の研究、動物や人に対する試験、各関係機関での検査・承認などの経緯を辿る必要があり、安全で効果のある医薬品を開発することは容易ではありません。

それだけの手間と期間をかけるので、新薬の販売後、研究・開発費用を回収し、それを上回る利益を出さなければなりません。
特許期間は、新薬開発に携わった製薬会社の利益を守るために設けられている期間でもあります。

製薬会社は、利益確保が保証されている間に次の新薬開発に着手することができ、結果的に社会全体の利益に繋がるのです。

バイアグラとの違い

比較項目 バイアグラ
(先発医薬品)
バイアグラジェネリック
(ジェネリック医薬品)
剤型 青色のひし形 製薬会社により異なる
有効成分 シルデナフィル シルデナフィル
効果 ほぼ同じ ほぼ同じ
効果持続時間 ほぼ同じ ほぼ同じ
副作用 ほぼ同じ ほぼ同じ
禁忌 同じ 同じ
併用禁忌薬 同じ 同じ
処方価格 高価 安価
製造販売元 ファイザー株式会社 日本国内の製薬会社

バイアグラやバイアグラジェネリックには、同一の有効成分であるシルデナフィルが含まれているので、効果・効能・副作用などは「ほぼ同じ」ですが、完全に同じとは言い切れません。
もちろん、ジェネリック医薬品の製造販売に至るまでには、先発医薬品と同一の有効成分を含み、同一の効果・効能・用法・用量を持つ医薬品のみが厳しい審査を経て、承認されます。

しかし、ジェネリック医薬品は飲みやすさなどを考慮して、先発医薬品にはない添加物を入れたり、錠剤をコーティングするなどの製薬会社独自の改良・製法が加えられています。
そのため、効果の現れ方や効き目などに若干の違いが生じることがあります。

薬剤の添加物や剤形が変わると体内で溶け出す速度が変化し、有効成分の分解・吸収されやすさなどに変化が生じます。
それにより、個人差レベルですが「効果が出やすい、または効果が出にくい」という結果に繋がる可能性はゼロではありません。

バイアグラでは十分な効果を実感できなかった方でも、バイアグラジェネリックなら十分な効果を実感できる場合があります。
バイアグラよりも安価に手に入れることができるので、バイアグラを服用中の方は医師に相談してバイアグラジェネリックへの変更を検討してみると良いでしょう。

当クリニックの場合は、バイアグラジェネリックの価格がバイアグラの最大約68%割安に設定されています。
高血圧症や糖尿病などの生活習慣病のように、長期間飲み続けたり、何種類か他にお薬を飲んでいる場合は、特にバイアグラとのお薬代の差を実感することができます。

バイアグラジェネリックの服用はこんな方におすすめ

勃起が完全にできない」「勃起を維持できない」という方だけがEDではありません。
勃起ができていても、性行為の途中で中折れしてしまうような方は、EDに当てはまります。

もし、性行為や勃起に少しでも悩みがある場合は、バイアグラジェネリックの服用を検討してみましょう。

このような悩みがある方におすすめ

  • 勃起できない、または勃起を維持できない方
  • 性的刺激を受けてから勃起するまでに時間がかかる方
  • 勃起しても陰茎が硬くならない方
  • 性行為の途中で陰茎が萎えてしまう(中折れしてしまう)方
  • 2回目以降の性行為ができない方
  • 性行為の満足度が低い方
  • パートナーとの性行為で満足度を上げたい方
  • バイアグラでは効果を実感できなかった方
  • バイアグラよりも安価なED治療薬を探している方
  • etc...

国内製のバイアグラジェネリック

財布からお札を取り出す男性

ジェネリック医薬品の特徴は、先発医薬品に比べて価格が安いことです。

バイアグラなどのED治療薬は保険適用外のため、全額自己負担で購入しなければなりません。
少しでも経済的にED治療を受けたい方は、効果のほぼ変わらないジェネリック医薬品を使用すると良いでしょう。

日本国内では、厚生労働省から製造販売の承認を受けた日本国内の製薬会社によって、バイアグラのジェネリック医薬品が続々と発売されています。

2014年5月26日に、日本国内で初のバイアグラジェネリックが「東和薬品株式会社」から発売されて以来、現在では、8社の製薬会社(製造販売元)がバイアグラジェネリックを販売しています。

ED治療薬で初めての「OD錠(口腔内崩壊錠)」「割線あり」などのバイアグラジェネリックが各製薬会社によって販売されています。
OD(Orally Disintegrating:口内崩壊)錠とは、水がなくても、いつでもどこでも服用できる、唾液で溶ける錠剤です。

下記に日本国内の製薬会社が販売しているバイアグラのジェネリック医薬品をまとめたので、参考にしてください。

国内製のバイアグラジェネリック一覧

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

当クリニックでは、「シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「FCI」(富士化学工業株式会社)」「シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「DK」(大興製薬株式会社/本草製薬株式会社)」のバイアグラジェネリックを取り扱っています。

シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「FCI」

錠剤画像 シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「FCI」
商品名 シルデナフィル錠25mgVI「FCI」
シルデナフィル錠50mgVI「FCI」
製造販売元 富士化学工業株式会社
剤型 青色のひし形
割線なし
フィルムコーティング錠
用量 25mg
50mg
製造販売承認年月日 2014年9月17日
販売開始年月日 2014年10月1日
処方価格 シルデナフィル錠25mgVI「FCI」:1錠 550円
シルデナフィル錠50mgVI「FCI」:1錠 950円
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「DK」

錠剤画像 シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「DK」
商品名 シルデナフィル錠25mgVI「DK」
シルデナフィル錠50mgVI「DK」
製造販売元 製造販売元:大興製薬株式会社
販売元:本草製薬株式会社
剤型 薄いピンク色の丸形(円形)
割線なし
フィルムコーティング錠
用量 25mg
50mg
製造販売承認年月日 2014年8月12日
販売開始年月日 シルデナフィル錠25mgVI「DK」:2015年11月1日
シルデナフィル錠50mgVI「DK」:2014年9月1日
処方価格 シルデナフィル錠25mgVI「DK」:1錠 380円
シルデナフィル錠50mgVI「DK」:1錠 750円
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「キッセイ」

錠剤画像 シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「キッセイ」
商品名 シルデナフィル錠25mgVI「キッセイ」
シルデナフィル錠50mgVI「キッセイ」
製造販売元 キッセイ薬品工業株式会社
剤型 青色の丸形(円形)
割線なし
フィルムコーティング錠
用量 25mg
50mg
製造販売承認年月日 2014年8月12日
販売開始年月日 2014年9月19日
処方価格 取り扱いなし
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「SN」

錠剤画像 シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「SN」
商品名 シルデナフィル錠25mgVI「SN」
シルデナフィル錠50mgVI「SN」
製造販売元 製造販売元:シオノケミカル株式会社
販売元:アルフレッサ ファーマ株式会社
剤型 薄いピンク色の丸形(円形)
割線なし
フィルムコーティング錠
用量 25mg
50mg
製造販売承認年月日 2014年8月12日
販売開始年月日 2014年9月9日
処方価格 取り扱いなし
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「テバ」

錠剤画像 シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「テバ」
商品名 シルデナフィル錠25mgVI「テバ」
シルデナフィル錠50mgVI「テバ」
製造販売元 製造販売元:武田テバファーマ株式会社
販売元:武田薬品工業株式会社
剤型 薄いピンク色の丸形(円形)
割線なし
フィルムコーティング錠
用量 25mg
50mg
製造販売承認年月日 2014年8月5日
販売開始年月日 2014年10月2日
処方価格 取り扱いなし
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「TCK」(販売中止)

錠剤画像 シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「TCK」
商品名 シルデナフィル錠25mgVI「TCK」(販売中止)
シルデナフィル錠50mgVI「TCK」(販売中止)
製造販売元 辰巳化学株式会社
剤型 薄いピンク色の丸形(円形)
割線なし
フィルムコーティング錠
用量 25mg
50mg
製造販売承認年月日 2014年8月12日
販売開始年月日 2014年9月26日
処方価格 取り扱いなし(販売中止)
添付文書 -
医薬品インタビューフォーム -

シルデナフィル錠50mgVI「あすか」

錠剤画像 シルデナフィル錠50mgVI「あすか」
商品名 シルデナフィル錠50mgVI「あすか」
製造販売元 製造販売元:あすか製薬株式会社
販売元:武田薬品工業株式会社
剤型 青色の楕円形
割線あり
フィルムコーティング錠
用量 50mg
製造販売承認年月日 2014年6月23日
販売開始年月日 2014年8月20日
処方価格 取り扱いなし
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィル錠50mgVI「YD」

錠剤画像 シルデナフィル錠50mgVI「YD」
商品名 シルデナフィル錠50mgVI「YD」
製造販売元 株式会社陽進堂
剤型 青色の楕円形
割線あり
フィルムコーティング錠
用量 50mg
製造販売承認年月日 2014年6月23日
販売開始年月日 2014年8月4日
処方価格 取り扱いなし
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」

錠剤画像 シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」
商品名 シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」
製造販売元 東和薬品株式会社
剤型 白色の丸形(円形)
割線あり
OD錠
用量 50mg(レモン風味、コーヒー風味)
製造販売承認年月日 2014年5月19日
販売開始年月日 2014年5月26日
処方価格 取り扱いなし
添付文書 添付文書
医薬品インタビューフォーム 医薬品インタビューフォーム

海外製のバイアグラジェネリック(国内未承認)

インドのタージマハル

海外製のバイアグラジェネリックとは、主にインド国内で製造・販売されているバイアグラのジェネリック医薬品のことです。

現在、インド国内では、様々な商品名で数多く製造・販売されています。

海外製のバイアグラジェネリックは、日本国内で厚生労働省の製造販売承認を得た医薬品ではないため、服用して重篤な副作用が発生しても「医薬品副作用被害救済制度」は適用されません。

下記に海外製のバイアグラのジェネリック医薬品をまとめたので、参考までにご覧ください。

海外製のバイアグラジェネリック(国内未承認)一覧

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

当クリニックでは、日本国内で厚生労働省に承認されたバイアグラジェネリックを扱っています。

Kamagra(カマグラ)/Kamagra Gold(カマグラ ゴールド)

パッケージ画像 Kamagra Gold(カマグラ ゴールド)
商品名 Kamagra(カマグラ)/Kamagra Gold(カマグラ ゴールド)
製造販売元 Ajanta Pharma Ltd.(アジャンタファーマ株式会社)
剤型 緑色のひし形
割線なし
用量 50mg
100mg

Kamagra Effervescent(カマグラ 発砲錠)

パッケージ画像 Kamagra Effervescent(カマグラ 発砲錠)
商品名 Kamagra Effervescent(カマグラ 発砲錠)
製造販売元 Ajanta Pharma Ltd.(アジャンタファーマ株式会社)
剤型 薄いピンク色の丸形(円形)
割線なし
発泡錠
用量 100mg

Kamagra Chewable Tablet(カマグラ チュアブル錠)

パッケージ画像 Kamagra Chewable Tablet(カマグラ チュアブル錠)
商品名 Kamagra Chewable Tablet(カマグラ チュアブル錠)
製造販売元 Ajanta Pharma Ltd.(アジャンタファーマ株式会社)
剤型 黄色のひし形、薄い黄色のひし形、オレンジ色のひし形、薄いピンク色のひし形
割線なし
チュアブル錠
用量 100mg(イチゴ味、オレンジ味、バナナ味、パイナップル味)

Kamagra Oral Jelly(カマグラ オーラルゼリー)

パッケージ画像 Kamagra Oral Jelly(カマグラ オーラルゼリー)
商品名 Kamagra Oral Jelly(カマグラ オーラルゼリー)
製造販売元 Ajanta Pharma Ltd.(アジャンタファーマ株式会社)
剤型 味に応じた色のゼリー剤
用量 100mg(イチゴ味、オレンジ味、バナナ味、パイナップル味、カシス味、バニラ味、バタースコッチ味)

Caverta(カベルタ)

パッケージ画像 Caverta(カベルタ)
商品名 Caverta(カベルタ)
製造販売元 Sun Pharmaceutical Industries Ltd.(サンファーマ株式会社)
剤型 あずき色の三角形
割線なし
用量 25mg
50mg
100mg

Eriacta(エリアクタ)

パッケージ画像 Eriacta(エリアクタ)
商品名 Eriacta(エリアクタ)
製造販売元 Sun Pharmaceutical Industries Ltd.(サンファーマ株式会社)
剤型 青色のひし形
割線なし
用量 100mg

Penegra(ペネグラ)

パッケージ画像 Penegra(ペネグラ)
商品名 Penegra(ペネグラ)
製造販売元 Zydus Cadila Healthcare Ltd.(ザイダス カディラヘルスケア株式会社)
剤型 薄いピンク色のひし形
割線なし
用量 25mg
50mg
100mg

Vigore(ビゴレ)

パッケージ画像 Vigore(ビゴレ)
商品名 Vigore(ビゴレ)
製造販売元 Zydus Cadila Healthcare Ltd.(ザイダス カディラヘルスケア株式会社)
剤型 あずき色の三角形
割線なし
用量 50mg
100mg

Silagra(シラグラ)

パッケージ画像 Silagra(シラグラ)
商品名 Silagra(シラグラ)
製造販売元 Cipla Ltd.(シプラ株式会社)
剤型 薄い紫色の楕円形
割線あり
用量 25mg
50mg
100mg

Assurans(アスランス)

パッケージ画像 Assurans(アスランス)
商品名 Assurans(アスランス)
製造販売元 Cipla Ltd.(シプラ株式会社)
剤型 白色の丸形(円形)
割線なし
用量 20mg

Suhagra(スハグラ)

パッケージ画像 Suhagra(スハグラ)
商品名 Suhagra(スハグラ)
製造販売元 Cipla Ltd.(シプラ株式会社)
剤型 青色の楕円形
割線あり
用量 25mg
50mg
100mg

Zenegra(ゼネグラ)

パッケージ画像 Zenegra(ゼネグラ)
商品名 Zenegra(ゼネグラ)
製造販売元 Alkem Laboratories Ltd.(アルケムラボラトリーズ株式会社)
剤型 青色のひし形
割線なし
用量 100mg

Vega(ベガ)

パッケージ画像 Vega(ベガ)
商品名 Vega(ベガ)
製造販売元 Signature Pharmaceuticals Ltd.(シグナチャーファーマスーティカル株式会社)
剤型 青色のひし形
割線なし
用量 50mg
100mg

P-Force Fort(ピーフォースフォート)

パッケージ画像 P-Force Fort(ピーフォースフォート)
商品名 P-Force Fort(ピーフォースフォート)
製造販売元 Sunrise Remedies Pvt. Ltd.(サンライズレメディーズ有限会社)
剤型 青色のひし形
割線なし
用量 150mg

バイアグラジェネリックの選び方

バイアグラジェネリックの選び方のポイントについて解説する男性

国内製のバイアグラジェネリックは数多くの種類が存在するため、どれを選べばいいのかわからない方が大半だと思います。

選び方のポイントについて解説するので、少しでも自分に合ったバイアグラジェネリックを使用しましょう。

選び方のポイント

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

効き目で選ぶ

どのバイアグラジェネリックでも、有効成分や用量などは同じなので、基本的な効果は同様に現れます。
しかし、添加物などは違うので、それによって効き目に個人差が生じる可能性があります。

気になる場合は、複数のバイアグラジェネリックを飲み比べてみて、効き目を比較してみると良いでしょう。

添加物で選ぶ

添加物によって錠剤の見た目がガラリと変わります。
一見するとバイアグラジェネリックと認識できない剤型もあります。

バイアグラを飲んでいると知られたくない方は、「薄いピンク色の丸形(円形)」の錠剤、「大興製薬株式会社/本草製薬株式会社」製のバイアグラジェネリック「シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「DK」」がおすすめです。

逆に、バイアグラを想起させる「青色のひし形」の錠剤で、違和感なく服用したいという方には、「富士化学工業株式会社」製のバイアグラジェネリック「シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「FCI」」がおすすめです。

また、水がなくても服用できる利便性の高いOD錠、「東和薬品株式会社」製のバイアグラジェネリック「シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」」は、添加物によって「レモン風味」「コーヒー風味」の錠剤があります。

剤型で選ぶ

バイアグラジェネリックには、錠剤に「割線」がある剤型が存在します。
50mgの錠剤を半分にして、25mgの錠剤として使いたい方には便利な剤型でしょう。

あすか製薬株式会社/武田薬品工業株式会社」製のバイアグラジェネリック「シルデナフィル錠50mgVI「あすか」」などが割線のある錠剤なので、おすすめです。

製薬会社で選ぶ

製薬会社の規模感(売上げ高や営業利益など)を一つの基準として選んでみても良いでしょう。

売上高や営業利益などが高いということはそれだけ、信頼された医薬品が売れているとも考えられます。

バイアグラジェネリックを販売している製薬会社の中では、「武田薬品工業株式会社」が圧倒的に売上高や営業利益が高い製薬会社です。
武田薬品工業株式会社」が販売しているバイアグラジェネリックには、「シルデナフィル錠50mgVI「あすか」」「シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「テバ」」があります。

価格で選ぶ

バイアグラジェネリックは製造販売元の製薬会社によって価格が異なります。
実際に病院やクリニックによって処方される価格が違うので、一概にどのバイアグラジェネリックが安いかは言えません。

長期間飲み続けたい場合などは、経済的に負担の少ないバイアグラジェネリックを選択すると良いでしょう。

当クリニックで取り扱っているバイアグラジェネリックの中では、「大興製薬株式会社」製の「シルデナフィル錠25mgVI/50mgVI「DK」」を一番安く処方しております。

バイアグラジェネリックの処方・費用

電卓を持つ男性

来院(問診票記入)からバイアグラジェネリックの処方(お会計)までにかかる時間は、クリニック内の混み具合にもよりますが、約10分~30分で終了するスムーズなシステムになっております。

また、院内処方のため、外部の薬局へ行く必要がなく、女性に見られる心配もありません。
患者様が安心していただけるような丁寧な診察と処置を心がけております。

処方までの詳しい流れについては「診療・処方の流れページ」をご覧ください。

当クリニックでのバイアグラジェネリックの処方にかかる費用は以下の通りです。

処方価格・費用

シルデナフィル錠25mgVI「FCI」
(バイアグラジェネリック)
1錠 550円
シルデナフィル錠50mgVI「FCI」
(バイアグラジェネリック)
1錠 950円
シルデナフィル錠25mgVI「DK」
(バイアグラジェネリック)
1錠 380円
シルデナフィル錠50mgVI「DK」
(バイアグラジェネリック)
1錠 750円
診察料・処方料 0円
初診料・再診料 0円
健康保険の適用 適用外(自由診療)

※料金や価格は全て消費税込みの表示となっております
※オンライン診療や電話診療の場合は、別途、予約料やお薬の送料が発生します
※バイアグラジェネリックの処方に健康保険証や身分証明書は必要ありません

当クリニックでは、診察料・処方料・初診料・再診料はすべて無料です。
患者様が医療費の全額を負担する、自由診療となっていますが、バイアグラジェネリックの処方にかかる費用は薬剤代のみ(オンライン診療や電話診療を除く)となります。

金額面でご不安があるようでしたら一度「料金表ページ」をご覧ください。

また、バイアグラジェネリック以外にも国内医薬品メーカーによるレビトラジェネリック、シアリスジェネリックといったジェネリック医薬品のED治療薬も取り扱っておりますので、是非ご検討ください。

抗不安薬(精神安定剤)の処方

性行為中に焦ったり、緊張して勃起が出来なかったり、勃起状態を保てない方がいらっしゃいます。
そういった心因性EDの場合には、抗不安薬とED治療薬の併用が解決につながる場合があります。

精神的・心理的な問題の関与が強い方は、抗不安薬(精神安定剤)を 1錠100円(税込)にて処方いたしますので、お気軽にご相談ください。

処方価格

抗不安薬(精神安定剤) 1錠 100円

※料金や価格は全て消費税込みの表示となっております
※抗不安薬(精神安定剤)のみでの処方は行っておりません

解熱鎮痛薬の処方

ED治療薬の副作用によって「頭痛」を引き起こす場合があります。
頭痛の痛みを和らげるために解熱鎮痛薬を併用することが可能です。

副作用の「頭痛」が出やすいという方は、解熱鎮痛薬(カロナール錠)を1錠100円(税込)にて処方いたしますので、お気軽にご相談ください。

処方価格

解熱鎮痛薬(カロナール錠) 1錠 100円

※料金や価格は全て消費税込みの表示となっております
※解熱鎮痛薬のみでの処方は行っておりません

胃薬の処方

ED治療薬の副作用によって「胸やけ」「消化不良」「腹痛」などを引き起こす場合があります。
胃薬によって胃酸の分泌を抑え、「胸やけ」「消化不良」「腹痛」などを和らげることができます。
胃薬もED治療薬と併用することが可能です。

副作用の「胸やけ」「消化不良」「腹痛」などが出やすいという方は、胃薬(アシノン錠)を1錠100円(税込)にて処方いたしますので、お気軽にご相談ください。

処方価格

胃薬(アシノン錠) 1錠 100円

※料金や価格は全て消費税込みの表示となっております
※胃薬のみでの処方は行っておりません

バイアグラジェネリックの効果

バイアグラジェネリックの効果を実感する男性

バイアグラジェネリックはED(勃起不全)に効果・効能のある薬です。
器質性ED」「心因性ED」「薬剤性ED」「混合性ED」のいずれにも有効性が認められています。

バイアグラジェネリックの有効成分「シルデナフィル」には、勃起を抑制する酵素、PDE5(Phosphodiesterase type 5:ホスホジエステラーゼタイプ5)の働きを弱める(阻害)効果があります。

PDE5の働きを弱めることにより、勃起を促進し、継続させることができます。

個人差や食事の影響によりますが、バイアグラジェネリックは服用後、約30分~1時間で体内に吸収され、性的刺激を受けた際に勃起が起こりやすくなる効果が現れます。

その後、約4時間~5時間効果が持続します(用量や個人差によって効果の持続時間は若干変動)。

効果の目安(服用後)

効き始め 約30分後~
効果のピーク 約1時間後
効果の持続時間 約4時間~5時間

バイアグラジェネリックの効果は、基本的にバイアグラと変わらないので、詳細は「バイアグラの効果・効能・持続時間」をご覧ください。

バイアグラジェネリックの作用機序(仕組み)

男性は性的刺激を感じると、血管内にcGMP(Cyclic guanosine monophosphate:環状グアノシン―リン酸)という血管拡張物質が増加します。
このcGMPという物質は、陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させ、陰茎内の血管を拡げて血流を増加させる作用があるので、勃起が促されます。

それと同時に、常に陰茎が勃起した状態にならないよう、人間の体内には勃起を抑制する酵素、PDE5があります。
血管拡張物質のcGMPがPDE5という酵素によって分解されることで、勃起は終息されていきます。

ED患者のほとんどは、このPDE5が強く働きすぎているため、勃起ができなかったり、継続することができないのです。

バイアグラジェネリックの有効成分であるシルデナフィルは、この勃起を抑制するPDE5という酵素の働きを阻害することができます。
PDE5の働きが弱まれば、cGMPが分解されることなく正常に働き、勃起が促されます。

この作用から、バイアグラジェネリックなどのED治療薬はPDE5阻害薬とも言われています。

バイアグラジェネリックの副作用

お腹を気にする男性

バイアグラジェネリックは副作用として、軽い「血管拡張(ほてり・紅潮)」「頭痛」「動悸」などの症状が一時的に現れる可能性があります。
他にも、「消化不良」「腹痛」「眼充血(目の充血)」「鼻閉(鼻づまり)」といった症状が起こることもあります。
これらの副作用は、性行為の妨げにならない程度の軽度で一時的な症状なので、ご安心ください。

バイアグラジェネリックは、用法・用量を守って服用すれば安全性の高い薬で、特に重篤な副作用は認められていません。

副作用の多くは、有効成分シルデナフィルの血管拡張作用に伴う一時的なものです。
多くの方に現れる症状なので、バイアグラジェネリックの効果が効き始めた証拠だと思ってください。
心配な方は、一旦性行為を止めて、ゆっくり休むようにしましょう。

約4時間~5時間で症状が治まるようであれば、さほど気にする必要はありません。
ただし、長時間副作用の症状が治まらない、服用する度に特定の副作用が現れるなどの場合は、バイアグラジェネリックが体質に合っていない可能性があるので、医師に相談してください。

また、バイアグラジェネリック服用後、約4時間以上勃起状態が治まらず、続く場合は、陰茎の血管や神経を損傷し、勃起機能を永続的に失う可能性があるので、すぐに医師に連絡してください。

主な副作用:発生率

血管拡張(ほてり、紅潮)頻度不明
頭痛頻度不明
動悸頻度不明
消化不良・腹痛頻度不明
眼充血頻度不明
鼻づまり頻度不明

※発生率は、各バイアグラジェネリックの製薬会社の添付文書から引用しています

バイアグラジェネリックに限らず、医薬品には何かしらの副作用があります。
服用前には、必ず副作用の確認をしておきましょう。

バイアグラジェネリックの副作用は、基本的にバイアグラと変わらないので、詳細は「バイアグラの副作用・対処方法」をご覧ください。

ただし、バイアグラジェネリックの副作用の発生率は全て頻度不明です。

副作用が起きた場合の対処方法

バイアグラジェネリックを服用後、何らかの副作用を感じたときは、一旦性行為を止め、ゆっくり休みましょう。
副作用が悪化することもあるので、無理に性行為を続けないようにしましょう。

副作用の血管拡張によるほてりや紅潮などが起きた場合は、室温など調整し、身体を冷やしましょう。
頭痛や胸やけがひどい場合は、市販の解熱鎮痛薬や胃薬も症状が和らぐことがあるので効果的です。

バイアグラジェネリックを飲むことで副作用が頻繁に起きたり、違和感が治まらないほどの副作用が長時間続くようであれば、必ず医師へご相談ください。

また、バイアグラジェネリックを飲んで何らかの強い副作用を感じたり、体調を崩した場合にも服用を中断し、必ず医師にご相談ください。

バイアグラジェネリックの副作用が起きた場合の対処方法は、基本的にバイアグラと変わらないので、詳細は「バイアグラの副作用・対処方法」をご覧ください。

バイアグラジェネリックを服用できない方(禁忌)

高血圧の数値

バイアグラジェネリックを服用することができない方(禁忌)がいます。

禁忌に該当する方がバイアグラジェネリックを服用した結果、日本国内では心筋梗塞などの死亡事故を含む重篤な心血管系などの副作用が多数発生しています。

以下に該当する方は、禁忌に指定されており、バイアグラジェネリックを服用することができず、当クリニックでは処方もできません。

バイアグラジェネリックの禁忌(疾患・状態など)

  • 過去にバイアグラジェネリックを服用してアレルギー(過敏症)を起こしたことがある方
  • 過去6ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を起こしたことがある方
  • 心血管系障害(心臓疾患など)のため、性行為が不適当と考えられる方
  • 低血圧の方(最大血圧<90mmHg、最低血圧<50mmHg)、または治療による管理がされていない方
  • 高血圧の方(最大血圧>170mmHg、最低血圧>100mmHg)、または治療による管理がされていない方
  • 網膜色素変性症の方
  • 重度の肝機能障害のある方
  • アミオダロン塩酸塩を含む薬剤を投与中の方
  • 硝酸剤(一酸化窒素供与剤)を投与中の方
  • sGC刺激剤を投与中の方

当クリニックの医師は、バイアグラジェネリックを処方する診察時、患者様(利用希望者様)にこれらの病気などについて尋ねています。
また、診察時に患者様のほうでも気になることがありましたら、ご自身の体調に関することは、医師にすべてご相談ください。

命にかかわる事故に繋がることもあるため、バイアグラジェネリックの禁忌についてはしっかり確認しておきましょう。

バイアグラジェネリックの禁忌は、基本的にバイアグラと変わらないので、詳細は「バイアグラの禁忌・併用禁忌薬」をご覧ください。

バイアグラジェネリックと併用できない薬(併用禁忌薬)

バツの札をあげる男性

バイアグラジェネリックと併用して服用することができない薬剤(併用禁忌薬)があります。

併用禁忌薬とバイアグラジェネリックを併用して服用することは自殺行為に等しいものです。

以下に該当する薬剤は、バイアグラジェネリックと併用して飲むことができない併用禁忌薬です。

バイアグラジェネリックの併用禁忌薬

  • アミオダロン塩酸塩を含む薬剤
  • 硝酸剤(一酸化窒素供与剤)
  • sGC刺激剤

当クリニックの医師は、バイアグラジェネリックを処方する診察時、患者様(利用希望者様)にこれらの薬剤などについて尋ねています。
また、診察時に患者様のほうでも気になることがありましたら、ご自身が服用している薬剤に関することは、医師にすべてご相談ください。

命にかかわる事故に繋がることもあるため、バイアグラジェネリックの併用禁忌薬についてはしっかり確認しておきましょう。

バイアグラジェネリックの併用禁忌薬は、基本的にバイアグラと変わらないので、詳細は「バイアグラの禁忌・併用禁忌薬」をご覧ください。

バイアグラジェネリックの飲み方(服用方法)

水が入ったコップを持つ男性

バイアグラジェネリックは、以下の用法・用量を守って服用しましょう。

用法・用量

1回の用量 25mg~50mgまで
用量の目安 25mg:高齢者の方(65歳以上の方)や健康状態が万全でない方など、慎重に投与する必要がある方
50mg:健康成人男性
服用のタイミング 性行為の約1時間前(空腹時は約30分前)
服用時の飲料 水、またはぬるま湯で服用
1回の服用回数 1日1回まで
服用間隔 24時間以上の間隔を空ける
服用時の条件 空腹時に服用
食後に服用する場合は、約2時間以上の間隔を空ける
服用後、約30分以上経過すれば食事可能

バイアグラジェネリックを服用するベストタイミングは性行為の約1時間前です。
バイアグラジェネリックの効果が効き始めるのには個人差がありますが、約30分~1時間かかります。
なので、性行為の約1時間前に服用するようにしましょう。

あくまで約1時間前は目安であり、空腹状態であれば性行為の約30分前でも効き始めます。

バイアグラジェネリックの効果を正確に引き出すポイントは、空腹時に水、またはぬるま湯で服用することです。

また、服用は原則、1日1回までです。
1度服用すると用量に関わらず、24時間以上は間隔を空ける必要があります。

バイアグラジェネリックの飲み方・用法・用量は、基本的にバイアグラと変わらないので、詳細は「バイアグラの飲み方・用法・用量」をご覧ください。

食事の影響

バイアグラジェネリックの有効成分シルデナフィルは食事の影響を大きく受けやすい特徴があります。
食事後すぐにバイアグラジェネリックを服用すると効果が薄まってしまいます。
基本的に空腹時の服用がタイミングとしては理想的です。

やむを得ず、食事後に服用する場合は、2時間以上の間隔を空けてから服用しましょう。

ただし、焼肉や中華料理などの油っこい食べ物や牛乳などの脂肪分を多く含む飲み物はできるだけ控えたほうが良いでしょう。

OD錠の「シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」」以外のバイアグラジェネリックは、フィルムコーティング錠のため、胃で溶けだした後、腸から有効成分シルデナフィルが血中に取り込まれます。

胃や腸に油などの膜が張ると有効成分シルデナフィルの吸収がされにくくなり、空腹時に服用するのと比べ、効果の発現が遅れる場合があります。

また、食事後、2時間以上経過しバイアグラジェネリックを服用しても効果が十分に得られない場合もあります。

食事後のバイアグラジェネリックの服用が避けられない場合は、なるべく脂肪分の少ないサラダやそばなどのさっぱりした食事を選択しましょう。

どうしても食事が避けられない場合は、食事前にバイアグラジェネリックを服用しておきましょう。
バイアグラジェネリックの服用から約30分経ってからであれば、有効成分シルデナフィルが血中へと吸収された後になるので、その後の食事では何を食べても問題ありません。

お酒(アルコール)の影響

ほろ酔い程度の飲酒であればアルコール自体にリラックス効果(精神安定効果)があるので、相乗作用でバイアグラジェネリックの効果をより引き出すことができます。
性行為に不安があったり、緊張してしまうという方は、軽くお酒を飲んでおくと気持ちが落ち着いてリラックスできるので良いでしょう。

しかし、アルコールの多量摂取は、神経伝達機能を低下させる場合があります。
性的な刺激が神経を通して陰茎に伝わりにくくなり、勃起や射精ができなくなり、逆効果になるので気を付けましょう。

また、有効成分シルデナフィルの血管拡張作用により、アルコールが体内を巡りやすくなるので覚えておきましょう。

多量のアルコールをバイアグラジェネリックと同時に摂取すると、急激な血圧低下によるめまいやふらつき、急性アルコール中毒を招く恐れがあり、危険なので適量の飲酒に留めておきましょう。

グレープフルーツ(フラノクマリン類)の影響

バイアグラジェネリックの添付文書には記載されていませんが、グレープフルーツとバイアグラジェネリックなどのED治療薬は相性が悪く、一緒に服用すると相互作用を引き起こす可能性があります。

グレープフルーツとバイアグラジェネリックなどのED治療薬は一緒に服用しないようにしましょう

グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン類」という成分によって、服用した薬の成分を分解する体内酵素の働きを弱めてしまい、血中濃度が上昇して、効果や副作用が強く出てしまう可能性があるからです。

また、グレープフルーツジュースは果汁が濃縮されており、フラノクマリン類の量も多くなるため、グレープフルーツジュースとバイアグラなどのED治療薬を一緒に服用するのは特に危険です。

グレープフルーツ以外にもフラノクマリン類が含まれている食べ物があるので注意しましょう。

フラノクマリン類を含む食べ物

  • グレープフルーツ
  • スウィーティー
  • 文旦(ブンタン)
  • 八朔(ハッサク)
  • 甘夏ミカン
  • ライム
  • パセリ
  • セロリ
  • etc...

バイアグラジェネリックの使用期限

時計

バイアグラジェネリックには使用期限があります

使用期限は各製薬会社が製造・販売しているバイアグラジェネリックによって異なります。

使用期限を過ぎてバイアグラジェネリックが残った場合は、保管しないで廃棄してください。

当クリニックでは、常に使用期限の新しいバイアグラジェネリックを処方しております。
バイアグラジェネリックを保管しておきたい方や使用する頻度は人によって違うので、使用期限が気になる方は処方時にお問い合わせください。

使用期限の確認方法

バイアグラジェネリックの使用期限は、「製品本体の外箱側面」に記載されています。
製品本体の外箱に記載されている使用期限内に使用するようにしましょう。

PTP包装シートで処方された場合は、製品本体の外箱で使用期限を確認できないので、使用期限が気になる方は処方時にお問い合わせください。

バイアグラジェネリックの保管方法

温湿度計

バイアグラジェネリックは日光、温度、湿度などによって効果が損なわれる場合があります。

バイアグラジェネリックを保管する場合は、以下のルールを守り保管してください。

保管ルール

  • 乳幼児、小児の手の届かないところに保管する
  • 直射日光、高温多湿を避け、室温で保管する
  • 日中、長時間車内に置かない
  • 使用期限を過ぎた場合は、破棄する
  • シートから取り出した錠剤は約1年以内に使い切る
  • 分割した錠剤は約1週間~2週間以内に使い切る

シートから取り出した場合の保管方法

PTP包装シートからバイアグラジェネリック取り出しても、使用期限は直射日光、高温多湿を避ければ、約1年は問題なく使用することができます。
PTP包装シートから錠剤を出し、ピルケースなどで保管した場合でも劣化はするので、開封後は速やかに使いきるようにしてください。

保存するピルケースなどに保管した日付を記載して管理するようにしましょう。
ピルケースなどに保管後、いつPTP包装シートから取り出し、保管したのかわからなくなってしまった場合は、服用しないで必ず破棄してください。

錠剤を割った場合の保管方法

バイアグラジェネリックには、錠剤を半分に割ることができるように割線が入っているものがあります。
バイアグラジェネリック錠25mgやバイアグラジェネリック錠50mgを半分に割って使用した後、残った錠剤の保管には注意が必要です。

錠剤を割った後の保管方法や期間に明確な目安はありません。
しかし、コーティング剤が錠剤に含まれたレビトラジェネリックの錠剤を割ってしまった場合は、コーティング剤の意味が無くなり、外気から守られなくなるのでシートから出した時よりもさらに注意が必要です。

コーティング剤は中身の薬剤を保護する役目を果たしています。
割ってしまうと中身の有効成分部分がコーティング剤から守られなくなり、空気に触れることによって劣化が進んでしまいます。
乾燥や湿気で薬剤が劣化しやすくなるので、なるべく空気に触れないようにラップや真空パックで包んで保管するようにしましょう。

基本的には、割ってしまっても薬剤は腐るものでありませんが、保管期間は約1週間~2週間以内までにしておきましょう。
いつ割って保管したのか分からなくなってしまった場合は、服用しないで必ず破棄してください。

バイアグラジェネリックの譲渡・転売は厳禁

厳禁

バイアグラジェネリックは、病院やクリニックに行き、医師に必要であると診断され、患者自身(本人)のためだけに処方された薬です。

パートナーや友人などの第三者に絶対に譲渡や転売はしないでください

そもそも、明確に「医薬品医療機器等法(薬機法)」違反であり、懲役や罰金などの罰則を課せられる場合があります。
また、貰った方が性行為の際に服用するには不適当な病気(心臓疾患や肝硬変など)にかかっていたり、バイアグラジェネリックと併用してはいけない他の薬(硝酸剤など)を投与していたりする場合があるため、大変危険です。
医師ではない一般の方が、それを正確に判断することはできません。

大切なパートナーや友人などの健康を脅かす行為につながるので絶対にやめましょう。

バイアグラジェネリックの服用には、必ず医師の診断のもとに服用する本人が処方を受けることが必要です。

譲り受けるのも厳禁

勿論、バイアグラジェネリックをパートナーや友人などの第三者から譲り受けてもいけません。

譲り受けた方が性行為の際に服用するには不適当な病気(心臓疾患や肝硬変など)にかかっていたり、バイアグラジェネリックと併用してはいけない他の薬(硝酸剤など)を投与していたりする場合があるため、大変危険です。
医師ではない一般の方が、それを正確に判断することはできません。

自分自身の健康を脅かす行為につながるので絶対にやめましょう。

バイアグラジェネリックの服用には、必ず医師の診断のもとに服用する本人が処方を受けることが必要です。

バイアグラジェネリックの偽物・偽造品に注意

バツを示す男性

バイアグラジェネリックをはじめとするED治療薬は医師の処方箋が必要なため、一般の薬局やドラッグストアなどでは購入することができません。
バイアグラジェネリックの偽物・偽造品は、世界中で製造されており、日本を含む世界中で偽造されたバイアグラジェネリックが発見されています。

WHO(世界保健機関)は基準値以下の規格で製造されたED治療薬の偽物・偽造品による、健康被害について警鐘を鳴らしています。

バイアグラジェネリックの偽物・偽造品は、効果が得られないだけではなく、健康被害を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

偽物・偽造品の特徴

  • 有効成分や添加物などが配合されていない
  • 基準以下の有効成分しか配合されていない
  • 錠剤の見た目やサイズ、用量などに異常がある
  • 添付文書に記載されていない成分が混入している
  • 違法、または危険な成分が混入している
  • 非衛生的な製造による汚染物質が混入している
  • etc...

当クリニックでは、厚生労働省が承認した国内医薬品メーカーのバイアグラジェネリックを処方しておりますので、ご安心ください。

偽物・偽造品の見分け方

国内で正規に流通しているバイアグラジェネリックなどのED治療薬と違法に製造された偽物・偽造品を見分ける方法があります。
100%見分けられるわけではありませんが、参考までに覚えておくと良いでしょう。

偽物・偽造品の見分け方のポイント

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

パッケージ(外箱・中身)

外箱のパッケージの状態(印刷など)に不自然な点がないか確認してください。
コピー機などで外箱を印刷して梱包した偽物・偽造品の可能性があります。

箱単位で処方された場合、内容物の確認をしてください。
添付文書などが同封されていない、または日本語以外で表記されていた場合は、偽物・偽造品です。

記載内容に日本語のスペルミスや文法の誤りがないか確認してください。
明らかな誤りがあった場合は、偽物・偽造品の可能性があります。

PTP包装シートに有効期限の記載がある場合は、外箱とPTP包装シートで有効期限の記載内容が同一か確認してください。
記載内容に違いがあった場合は、偽物・偽造品です。

PTP包装シート

国内正規品のバイアグラジェネリックは、必ずPTP包装シートで包装されています。
国内の医薬品メーカーから、PTP包装シート以外で包装され、出荷されることはありません。
ビニールなどで包装されていた場合は、偽物・偽造品です。

また、PTP包装シートの表面や裏面には、製薬会社名や薬剤名、注意事項など必ず日本語で表記されています。
日本語の表記がされていない、または日本語以外で表記されていた場合は、偽物・偽造品です。

錠剤のロゴ

国内正規品のED治療薬は、錠剤に識別コードとして、用量の数字、薬剤や成分に関するローマ字などが刻印、または印字されています。

バイアグラジェネリックの識別コードは、製薬会社によって異なりますが、規格は定められています。
錠剤の識別コードは、各製薬会社の製品情報ページで確認することができます。

識別コードがない、または読めない場合は、偽物・偽造品です。

錠剤の色・形

国内正規品のバイアグラジェネリックの色や形は、製薬会社によって異なりますが、規格は定められています。
錠剤の色や形は、各製薬会社の製品情報ページで確認することができます。
各製薬会社の錠剤の規格と違う場合は、偽物・偽造品の可能性があります。

錠剤の色が薄い、または濃く変色していないか、異臭がしないか確認してください。
正規品と明らかに色や見た目の形が違う場合は、偽物・偽造品の可能性があります。

錠剤のサイズ

国内正規品のバイアグラジェネリックの錠剤と色や見た目の形が同じでもサイズが大きい、または小さくないか確認してください。
サイズにばらつきがみられる場合は、偽物・偽造品の可能性があります。

正規品と錠剤を並べて比較すると見分けることができます。

錠剤の用量

有効成分や添加物などの用量が正しいか確認してください。
有効成分などの用量が、多すぎたり、少なすぎる、または、同一包装内の錠剤間で用量のばらつきがある場合は、偽物・偽造品です。

国内正規品のバイアグラジェネリックの場合は、有効成分シルデナフィルの用量が25mg、または50mgの規格のみ承認されています。
もし、国内正規品のバイアグラジェネリック錠100mgを謳うバイアグラジェネリックがあった場合は、偽物・偽造品です。

安すぎる価格設定

国内正規品のバイアグラジェネリックは、それぞれの医薬品製造メーカーから病院やクリニックへ卸すことで流通されています。
その卸価格の下げ幅には限界があります。
価格相場の半額以下など、明らかに安価すぎる場合は、偽物・偽造品の可能性があります。

通販・個人輸入

国内正規品のバイアグラジェネリックは、国内の通販サイトなどで購入することはできません。
しかし、海外から海外製ED治療薬を個人輸入で購入することはできます。

海外から個人輸入で手に入れられるバイアグラジェネリックなどのED治療薬は、品質が保証されておらず、流通経路も不明なため、偽物である可能性が高いのが現状です。
海外製のバイアグラジェネリックなどのED治療薬が個人輸入できる通販サイトなどで安価に販売されている場合がありますが、厚生労働省の未承認薬です。
健康被害をもたらす偽物・偽造品である可能性があるため注意が必要です。

格安」「激安」「最安値」などの誘惑に惑わされないようにしましょう。
口コミなどで評判や評価が良くても安心はできないのでご注意ください。

バイアグラジェネリックなどのED治療薬は個人輸入で購入せず、信頼できる病院やクリニックで処方してもらうことが大切です。
バイアグラジェネリックなどのED治療薬の処方は、是非、当クリニックをご利用ください。

参考URL

バイアグラの関連ページ

ED治療のよくある質問(FAQ)

ED治療薬に副作用はありますか?

ED治療薬によって細かい副作用は異なりますが、一時的な顔のほてり、頭痛、鼻づまりなどが見受けられる場合があります。

様々な薬を飲んでいますが、ED治療薬は飲めますか?

ニトログリセリン(心臓の狭心症に用いる薬)との併用はできません。
服用中の薬によってはED治療薬の処方ができません。
服用中の薬やお薬手帳を持参して医師にご相談ください。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの違いはなんですか?

有効成分、効き始める時間、効果持続時間(作用時間)、副作用、価格などに違いがあります。
詳しくは、こちらをご覧ください。