ED治療・AGA治療・にんにく注射専門 新橋ファーストクリニック

中折れEDを否定しないで

公開日:2019/05/22

中折れEDを否定しないで

どのような病気でも、患者さんは「自分は病気ではない」と思いたいものです。
ED(勃起不全症)はプライドにかかわるので、患者さんはさらに強くEDを否定しようとします。

そして中折れEDの患者さんは、それよりももっと強く「自分はEDではない」と思う傾向があります。
それは、中折れEDはれっきとしたEDなのに「EDではないような現象」があるからです。
中折れEDを否定せず、早期の治療に取り組むことを強くおすすめします。

中折れEDとは

中折れEDとは、自力で勃起して性交を始めることはできるものの、挿入中に勃起がやんでしまう症状です。
途中で「竿(さお、ペニスの隠語)」が折れてしまうことから、このような名称がついていています。
中折れEDは器質性のEDと考えられていますが、しかし性交の失敗が続くと心因性のEDに進展してしまいかねません。
器質性EDとは糖尿病や高血圧など体に異常があって勃起しないEDのことです。
一方、心因性EDはストレスなど心の問題で起きるEDです。

「できる」ことにまどわされないで

「できる」ことにまどわされないで

中折れEDは自力で勃起ができているのですが、れっきとしたEDです。
しかし中折れEDの患者さんの多くは「勃起しているのにEDのはずがない」と考えてしまい、治療に着手しようとしません。
この傾向は、相談目的で来院する患者さんによくみられます。
患者さんは「EDではないと思うのですが、性交中になえてしまうんです」とおっしゃいますが、残念ながらほとんどの場合、その症状はED治療の対象となってしまいます。

つまり中折れEDとは「性交ができるED」といえるのです。

多くの方は、勃起とはペニスに血液が流れ込むことで生じる現象、と理解していると思いますが、実はもうひとつの現象が起きています。
それは、ペニスから血液が流出することを防ぐ現象です。
血液が「入ってきて」「出ていかない」から勃起するのです。
中折れEDは、この「血液が入る」現象と「血液が出ていかない」現象が中途半端な状態なのです。

まとめ~気軽に相談してください

中折れEDはEDの初期段階ですので、早めに治療をして心因性のEDなどに進展させないようにしたいものです。
そのためには、性交中に異変を感じたら、それがどれほど小さい現象でもED専門クリニックに相談することが大切です。
ED専門クリニックは「性のお悩み相談所」でもあるので、気軽に相談してください。

よく読まれる記事

EDについて

バイアグラとシアリスを一緒に飲む

『バイアグラだけじゃあまり効果がないからシアリスも一緒に飲んで効力をあげよう!…

2011/04/21

AGAについて

プロペシアを服用中の性行為

先週の「AGAと妊娠の疑問」という記事でも説明したことなのですが 今日の記事…

2011/07/27

AGAについて

プロペシアで薄毛の人のヘアサイクルはこう変わる

AGA(男性型脱毛症)について調べている人は、調べてみると「ヘアサイクル」に関す…

2019/07/24

EDについて

バイアグラ等一部薬にグレープフルーツは要注意です!

皆さん、あけましておめでとうございます。 新橋ファーストクリニックです。 皆…

2016/01/12

AGAについて

ビタミン不足と抜け毛

抜け毛の原因は一つではありません。 いくつもの要因が重なり、頭皮の環…

2011/10/28

AGAについて

プロペシアの服用時間について

こんばんは。 今日も早速ブログを書いていこう…!と思ったのですが、 あまりの暑…

2011/06/28

facebookやtwitterで最新情報を随時配信中