ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

スタッフブログ

『コンドームED』について

EDについて

今回も良く受ける相談のお話です。
『パートナーといちゃいちゃしているときや、前戯をしている最中は勃起が得られるが、コンドームをつけようとすると萎えてしまう』と言う『コンドームED』についてです。

『コンドームED』に関しては大きく分けて二つの要因が挙げられます。

1つ目は『子作りED』の様に、以前コンドームをつけようとした際に萎えてしまったという事実を思い出して、予期不安が強くなりEDを引き起こしてしまうことです。勃起はリラックスした状態(副交感神経が優位の状態)でないと起こりづらく、不安や緊張が強い状態(交感神経が優位の状態)では、血管が萎縮してしまい勃起が得られづらくなってしまいます。

2つ目に挙げられる要因は、勃起が十分に起こっていない可能性があります。陰茎の海綿体組織に血液が充満することで勃起が成り立ちますが、満たされた血液が身体に戻ってくるルートがあります。しっかりとした勃起が得られると、身体に戻りにくくなりますが、不十分な勃起だと身体に戻りやすくなり、それが中折れや挿入前に萎えてしまうという形で現れることがあります。

上記の『コンドームED』の2つの要因に対しても、ED治療薬は有効です。緊張や不安などが強い場合にも、薬の効果で少ない刺激で勃起が得られ易くなるため、普段よりも強い勃起が期待できます。

予期不安が強い場合にはED治療薬を使って、リハーサルを行うことをお薦めします。ED治療薬が効いている状態で、映像や写真などの性的刺激を与え、勃起を促し、「普段と比べて十分に硬い勃起が得られること」を体感するとそれが自信になり、パートナーとの性行為の際にもリラックスして臨めます。リハーサルを行うことにより、性行為の成功率も上がるといわれています。

性行為がうまくでき、自信を回復した場合にはED治療薬を使わずとも、性行為が問題なく行えるようになる方も多くいらっしゃいます。性行為の失敗により、不安が強い場合には一度こういった治療薬でうまくいく体験をすることが治療への一番の近道になると思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スタッフ安田

どうも!新橋ファーストクリニックの安田です。
スタッフブログをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたか、参考になりましたか?
当ブログでは、ED治療やAGA治療、処方しているお薬のことなど、皆様に安心して治療をはじめていただけるよう情報を定期的に配信しています。
いま、症状でお悩みのあなた!一人で悩まずまずはご相談ください。

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。

東京都港区新橋3-14-5 S'TEC3ビル 3階 [アクセス案内]

『コンドームED』について

『コンドームED』について

この記事が気に入ったら
いいね!してね

SNSで随時更新情報配信中!

この記事を共有する