▲このページの上部へ

新橋ファーストクリニックスタッフブログ

若い男性のセックス離れが深刻 将来は大丈夫?

2019-05-10 (金曜日) 09:28

セックス離れ
男性を対象にしたセックスに関するアンケートによると、30代男性の3割がセックスレス状態にあるそうです。


セックスレスとは、単にセックスをしない状態ではなく、普通にしていればセックスをしている関係の相手とセックスをしない状態のことです。


この結果を知っても、当の若者たちは、セックスをしないことに違和感を持たないかもしれません。
ところが将来のことを考えると、深刻な事態になりかねません。



30代男性「レス」も「関心なし」も3割


電通サドラー・アンド・ヘネシー株式会社は2006年に、20~40代の男性に性生活アンケートを行いました。


その結果、セックスレスの男性は、20代16%、30代28%、40代38%に及びました。


セックスレスとは、特殊な事情が認められないにも関わらず、付き合っている男女や夫婦の間に1カ月以上セクシャルな接触がなく、その後もセックスレスが継続することが予想される状態のことをいいます。



この数字だけでは、男性側がしたくないのか、それとも女性に拒否されているのかわかりません。しかし、どうも、したくない男性が多いようなのです。


それは、性的なことにほとんど関心がない・時々しかない男性の割合が、20代29%、30代32%、40代35%にもなるからです。



深刻化する人口減


深刻化する人口減
セックスレスの男性の数字をもう一度みてみましょう。


20代16%、30代28%、40代38%と、年が上がるごとに高率になっています。
この調査は2006年に実施しているので、2019年のいまは、20代は30代または40代に、30代は40代または50代になっています。
すなわち、子どもをつくる年代や、子どもをつくる限界の年代に近づいているわけです。



日本の人口のピークは2008年の1億2,808万人で、それ以降減少の一途です。
国立社会保障・人口問題研究所は2060年には8,674万人にまで減ると予想しています。
つまり2008年から2060年までの約半世紀で3割も減るのです。


若者の賃金水準が低いことから、結婚したくても結婚できず、子どもをつくりたくてもつくれない人が増えていることが社会問題化しています。
それに加えてセックスをしたがらない男性が増えているのですから、人口減が深刻化するのは当然といえば当然です。



女性の立場は?


深刻化する人口減
2018年3月に出版された「今日も拒まれています~セックスレス・ハラスメント嫁日記~」(ポレポレ美著、ぶんか社)が話題になっています。


著者のポレポレ美氏は女性で、本書で夫とのセックスレスの状態を赤裸々につづっています。
ポレポレ美氏は「したい」ので、夫の行動がセックスレス・ハラスメントに映ります。
ポレポレ美氏はセックスチケットまでつくって夫に迫りますが、夫はしない理由を毎晩繰り返し、拒否し続けます。


そしてとうとうポレポレ美氏は「私とセックスしてください」と土下座までしました。妻の立場を考えると、これは相当つらい状況です。


男性の「したくない」気持ちは、パートナーの女性を苦しめることがあるのです。



「したくない」がEDを招く?


ED(勃起不全)は、満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られない状態のことをいいます。
そしてEDの原因には大きくわけて、神経障害などがある器質性EDと精神的なストレスから起きる心因性EDの2つがあります。


したくない状況が続いたことによってEDが起きることがある、とする学説はありませんが、ただ、したくない気持ちが勃起によい効果を与えないのは明らかです。



なぜなら勃起は、1)性的な刺激、2)性的な刺激の伝達、3)陰茎(ペニス)への血液の流入――の3つが同時に起きたときに成立するからです。
したくない気持ちは、元々強くない性的な刺激をますます弱めるでしょう。


したくない気持ちよりは、したい気持ちのほうが、やはり健全といえるでしょう。



まとめ~ED治療専門の医者に相談してみては


したくない男性をしたくさせることは簡単なことではありません。


しかし、したくない自分を変えたい男性は、一度ED治療専門の医師に相談してみてはいかがでしょうか。


もしかしたら、EDから「勃起しないなら別にいいか」と思うようになり、したくない気持ちが強まっているのかもしれません。


もしそうであるならば、ED治療を受けることでしたい気持ちが復活するかもしれません。



新橋ファーストクリニック



新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。



■新橋ファーストクリニック【クリニック総合】
https://first-clinic.jp/

■新橋ファーストクリニック【ED治療】
https://first-clinic.jp/ed/

カテゴリータグ:EDについて
新橋ファーストクリニック

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました
診療時間
ED・AGA相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

ED・AGAの無料相談はコチラ

ブログ内検索

RSS1.0RSS2.0ATOM
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました