クリニックコラム

ペニスポンプ(陰圧式勃起補助器具)でEDは改善できる!?早漏予防や陰茎増大効果も!?【医師監修】

ED

更新日:

ED
ペニスポンプ(陰圧式勃起補助器具)でEDは改善できる!?早漏予防や陰茎増大効果も!?【医師監修】

ED治療には、ペニスポンプ(陰圧式勃起補助器具)と呼ばれる器具を使用した治療方法があります。
ペニスポンプは、陰茎(ペニス)を強制的に勃起状態にしてくれます。

何らかの理由でED治療薬を服用できない方やED治療薬を服用しても効果が見られなかった方などに有効な手段とされています。

今回は、ペニスポンプの効果や使用方法などについて解説します。

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

ペニスポンプ(陰圧式勃起補助器具)とは?

ペニスポンプ

ペニスポンプ(陰圧式勃起補助器具)とは、陰茎に吸引圧力をかけて疑似的に勃起を促す医療器具のことです。
主に、ED治療や勃起の補助を行う目的で使用されます。

真空勃起装置(Vacuum Erection Device:VEDポンプ)と呼ばれることもあります。

ペニスポンプには様々な種類がありますが、基本的な仕組みや使い方は同じです。

プラスチックのシリンダー(円形の筒)の中に陰茎を挿入し、付属のポンプを使ってシリンダー内に陰圧をかけ、真空に近い状態にします。
シリンダー内が真空に近い状態になると、血液が陰茎海綿体へ強制的に送り込まれ、勃起が誘発されます。

しかし、このままの状態でシリンダーから陰茎を抜いてしまうと血液が体へ逆流し、勃起状態が維持できません。
そのため、陰茎の根元にコックリング(ペニスリング)などを装着し、血液を留める方法が一般的です。

バイアグラなどのED治療薬を何らかの理由で服用することができない方などにペニスポンプを使用したED治療が行われることがあります。

ペニスポンプの使用がおすすめできる方

  • ED治療薬が服用できない方
  • ED治療薬の副作用が心配な方
  • ED治療薬を服用しても効果が見られない方
  • etc...
※当クリニックでは、「ペニスポンプ(陰圧式勃起補助器具)」に関する治療を行っていません

ペニスポンプの種類

ペニスポンプの種類

ペニスポンプには、主に3つの種類が存在します。

それぞれの仕組みや特徴などをご紹介します。

ペニスポンプの種類

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

手動式(使い勝手が良い)

手動式

手動式ペニスポンプとは、レバーやゴム球を使って、陰茎を挿入したシリンダーに手動で圧力を加えて使用するペニスポンプです。

手動式ペニスポンプは、ペニスポンプの中で最も一般的で使い勝手の良いタイプです。

電源が必要ないので、使いたいときにすぐに使え、自分のペースで圧力調整することができます。
比較的価格が安いので、初心者でも手軽に使用することができます。

手動式ペニスポンプはシンプルな構造が多いので、清掃やメンテンナンスも簡単にできます。

水圧式(安定した圧力)

水圧式

水圧式ペニスポンプとは、シリンダー内を水で満たしてから陰茎を挿入し、水を抜くことで生じる圧力(水圧)を加えて使用するペニスポンプです。

水圧式ペニスポンプは、陰茎全体に安定した圧力を加えることができます。

主に勃起トレーニング用として、お湯を張った湯船の中で使用するのが一般的です。
お湯で体が温まり、血流が促進された状態で使用するので、勃起しやすく、鬱血や水ぶくれが起こりづらいとされています。

ただし、水やお湯を使用するため、基本的には入浴中でしか使えません。

電動式(圧力の自動調整)

電動式

電動式ペニスポンプとは、電池やバッテリーを内蔵しており、電源を入れることで自動的に圧力を加えてくれるペニスポンプです。
手動式ペニスポンプよりもパワフルに圧力を加えることができます。

電動式ペニスポンプは、スイッチ一つで簡単に圧力の自動調整を行ってくれます。
高機能なものは、圧力を細かく調整できるため、毎回同じ圧力をかけたい場合に役立ちます。

また、コンパクトなデザインが多いので、収納スペースが小さくて済みます。

ペニスポンプの使用方法

勧める医者

ペニスポンプには、正しい使用方法や使用手順があります。

ペニスポンプは、以下の使用手順で使用しましょう。

ペニスポンプの使用手順

  1. 陰茎やペニスポンプのシリンダーにローションを塗る
  2. 陰茎をシリンダーの奥までゆっくり挿入する
  3. 空気が漏れないように、シリンダーを体にしっかり押し付ける
  4. 圧力を調整する(陰茎海綿体に血液を送り、勃起を促す)
  5. ペニスポンプを外す
  6. 陰茎の根元にペニスリングを装着する(血液の流出を防ぎ、勃起を維持する)

※陰茎が通常時(勃起していない状態)に使用すること

圧力は、痛みを感じない程度に調整してください。

また、使用時間は、一般的に約15分~30分が目安です。

具体的な使用方法や使用手順などは、ペニスポンプの種類や製造メーカーなどによって異なるため、付属の取り扱い説明書は必ず確認しましょう。

ペニスポンプ使用時の注意点

注意する医者

ペニスポンプは、機械的な装置なので、体に与える重大な副作用はありません。

しかし、使用方法を誤れば、陰茎が鬱血したり、痛みを伴う可能性はあります。

ペニスポンプを使う際には、以下の点に注意しましょう。

ペニスポンプ使用時の注意点

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

圧力をかけすぎない

圧力計

鬱血や水ぶくれ、痛みの原因になるため圧力のかけ過ぎには注意しましょう

特に、圧力のかけ過ぎによる水ぶくれは起こりやすい傾向があります。

インターネット上では、ペニスポンプによって陰茎の皮がぷっくりと腫れ、水ぶくれ状態になることを「フグる」と言ったりします。
見た目が、魚のフグが膨らんだ様に腫れてしまうことからそう呼ばれています。

水ぶくれ状態に俗称的な呼び方があるほどなので、ペニスポンプの使用によって水ぶくれが出来ることは珍しいことではありません。

水ぶくれになってしまう原因は、圧力のかけ過ぎだけではなく、使用方法そのものが間違っている場合もあります。
もし、圧力をかけ過ぎたなと思ったときは、念のため数日間使用を中止したほうが良いでしょう。

長時間の使用は控える

時計

ペニスポンプを長時間の使用するのは控えましょう

ペニスポンプは、圧力をかけ強制的に締めつけることで勃起状態にするため、長時間の使用によって、陰茎内の血管や組織に過剰な負荷がかかり、陰茎痛や皮下出血、壊死などを誘発してしまう可能性があります。

性行為や自慰行為(マスターベーション)、排尿などをする際に痛みが生じてしまうこともあるので、注意が必要です。

また、ED治療で使用していたはずが、むしろ悪化させる、なんてことに繋がりかねません。

清掃やメンテナンスを定期的に行う

殺菌

ペニスポンプの使用前と使用後の衛生面に注意しましょう

特に使用後は、水洗いや殺菌消毒で綺麗に清掃することが大切です。
シリンダー内が不衛生だと雑菌が繁殖する可能性があります。
陰茎に直接触れるものなので、使用後の清掃や定期的なメンテナンスは必ず行う必要があります。

また、清掃の仕方にも注意が必要です。
乱暴に清掃してしまうと、シリンダーが破損してしまうこともあります。
破損したまま使用してしまうと陰茎を傷つける恐れがあります。

その他、保管方法にも注意し、綺麗で湿気の少ない衛生的な場所に保管するようにしましょう。

ペニスポンプでED治療は可能

元気な男性

ペニスポンプは、ED治療や勃起の補助に効果を発揮します。

とある研究では、ED患者に対してペニスポンプを使用した際、約6割の方に有効性が示されています。

勃起には、陰茎海綿体に流れる血液量が関係しています。
血液が大量に陰茎海綿体へ流れ、維持されることで、勃起時に大きくなったり硬くなったりします。

ペニスポンプは、陰茎を真空状態に置き、血管内の圧力を増加させることで、活発な血流を促すことができます。
このペニスポンプによる真空状態を活用すれば、性的興奮や性的刺激がなくても勃起状態を強制的に起こすことが可能なのです。

陰茎海綿体への血流や血管の状態は、日常のペニスポンプによるトレーニングで鍛えることが可能です。
個人差によりますが、約1ヶ月以上、定期的に使用することで、徐々に効果が表れてくるでしょう。

軽度のEDであれば、ペニスポンプで改善が期待できます。

ペニスポンプで早漏の改善はあまり期待できない

説明する医師

ペニスポンプは、陰茎に圧力を加えることで、勃起の補助を図るものですが、その際に生じる刺激によって陰茎の感覚が鈍くなることがあります。
この刺激が早漏の改善に繋がると言われています。

しかし、ペニスポンプを使用しても早漏の改善はあまり期待できません
ペニスポンプの使用直後は、感覚が鈍くなり、イキにくくなる可能性はありますが、根本的な早漏の解決にはならないので注意しましょう。

「性行為前に早漏が予防できたらラッキー!」くらいに捉えておきましょう。

メインは、やはり勃起の補助なのです。

ペニスポンプで陰茎増大効果は期待できない

バナナ

「ペニスポンプで陰茎を大きくできる」という話を聞いたことがある方がいるかもしれません。

ペニスポンプで本当に陰茎が大きくなるのでしょうか。

結論から言うと、ペニスポンプに陰茎増大効果はありません

ペニスポンプで陰茎が増大するという医学的な根拠もありません。

とある研究では、ペニスポンプの使用を約6ヶ月間続けても陰茎増大効果は見られず、全く意味がないことが分かっています。

ペニスポンプの使用時には、吸引を伴う圧力が加わるため、一時的に陰茎の長さが伸びることがあるかもしれません。
しかし、根本的に陰茎の長さが伸びたり、太さが増したりすることはありません。

通販サイトや口コミサイトなどで「陰茎が大きくなった!」という方もいますが、一時的な勃起によって、心理的な満足感や充実感が得られたことで陰茎が増大したと錯覚しているに過ぎません。

まとめ~過度な期待は禁物~

ペニスポンプは、ED治療や勃起までの補助を行う目的で使用される器具です。
根本的に早漏を改善する効果や陰茎増大効果はないので、過度な期待はしないようにしましょう。

「ペニスポンプで早漏が治る!」「ペニスポンプには、陰茎増大効果がある!」などの謳い文句は、医学的な根拠のない、いわゆる「デマ情報」です。

インターネット上のサイトや広告にある偽の情報に騙されないように注意しましょう。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する