クリニックコラム

バイアグラをお酒に混ぜる

ED

更新日:

ED
バイアグラをお酒に混ぜる

今週の月曜日に「バイアグラをこっそり混ぜる…?」という記事を書いたのですが
この手の質問もかなり寄せられてきていたので、こちらでさらに説明をしようと思います。

その月曜の記事にも同じことを書いたのですが、
医療スタッフという立場上、この

「バイアグラをお酒に混ぜる」

という行為には賛同することは出来ません。

相手がプライドの高い男性で、
「病院などには行かない」「ED治療薬には頼りたくない」という考えだと、
どうにか治療をしてほしい女性側からしてみれば、バイアグラを何かと混ぜて内緒で出す、という方法を思いつく人もいるでしょう。

そのお気持ちはとっても理解できるんです。
ですが、やはりその方法ではいくつか問題はあるのです。

まず、バイアグラは非常にお酒に弱いお薬です。
なので、お酒と一緒に溶かすなどして混ぜたとしても、十分な効果を得ることは困難でしょう。

それは食事に混ぜることに関しても同じです。

バイアグラは食前1~2時間前に服用する事で十分な効果を発揮するお薬です。

その点を踏まえても、何かと一緒に内緒で飲ませるという行為は有効的ではありません。
同じED治療薬のレビトラ、シアリスはお酒や食事の影響を受けることがないので、その手段でも薬の効果自体には支障はありませんが…

そもそもバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は医師の診断を経て処方されるお薬です。
そしてそれには、患者さんに直接病院に足を運んでいただかねばなりません。

日本国内で通信販売などで薬を売買することは法律違反ですからね。

でも、個人輸入業者から薬を購入することは可能です、正規のルートではありませんが…。

ですがそういった機関から薬を購入するのは危険なのです。
インターネットで販売されているED治療薬はその6割、半数以上が偽物だというデータがあり、
その偽物の製造場所は非常にずさんであり、とても薬を作っている工場とは思えない場所で生産されているものです。
それに中には製造から1年以上経ったものを平気で倉庫に保管しており、注文がきたらそれを送りつける適当な会社も多いようです。

副作用も正規の治療薬と比べきつく、中には服用したが副作用の影響で性行為すらままならなかったという例も挙がっています。

そんな危険なものを、「治してほしいから」という理由で男性に飲ませることは出来ませんよね。

なのでこっそり飲ませる、お酒に混ぜて飲ませる、という行為に関してはメリットはないんです。

その方法を実行し、相手が副作用に気がつかない可能性はないとは言えません。
正規のED治療薬でも副作用は存在するので、薬を飲んだと知らない本人は頭痛などの突然の症状に困惑してしまうでしょう。

最後に、ED治療薬は勃起の運動を手助けするものであり、相手を興奮させるものでもありませんし、性欲を高めるものでもありません。
なので、たとえバイアグラを内緒で飲ませることに成功しても、性行為まで発展するという可能性は100%ではありません。

男性側にも、自分はEDなんだという認識をしてもらい、
二人で協力して治療するためにも、
やはり医療機関に一度足を運ばなければ、正しい解決法を実施することは難しいでしょう。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する