ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

スタッフブログ

バイアグラ等一部薬にグレープフルーツは要注意です!

EDについて

バイアグラ等一部薬にグレープフルーツは要注意です!

皆さん、あけましておめでとうございます。
新橋ファーストクリニックです。

皆様、お正月休みはいかがだったでしょうか。
書いている私は以前介護職をしており、大晦日から元旦にかけ夜勤をしていたこともあり、あまり季節行事を感じられませんでしたが、今年はお正月休みをしっかりいただき気分新たにブログをしっかり書いていこうと思っております。

お正月というとお餅ですが、お餅にセットされるみかんも冬の醍醐味ですね(笑)
柑橘系の果物は冬から春にかけてが旬のものが多くて、この時期楽しみの一つです。
みかんにいよかん、デコポンなど挙げたらきりがないくらい種類が豊富なのも柑橘類の魅力ですね。
ですが、ここで一つ注意が。ご存知の方が多いと思いますが改めて。(この流れでおおよその方はピンときていると思いますが…笑)

バイアグラやシアリスなど一部薬品について、柑橘類のグレープフルーツ(ジュース含む)との併用禁忌薬品となっております。

なぜ影響を受けるか…??

例えばシアリスで言いますと、シアリスの添付文書に「本剤は主に薬物代謝酵素CYP3A4により代謝されます」と書いてあります。
代謝酵素CYP3A4は柑橘類、特にグレープフルーツでの相互作用がみられます。
グレープフルーツに含まれる成分が代謝酵素CYP3A4を阻害し、代謝速度を遅くしてしまい血中濃度を上げ体内への薬の吸収を高め、身体が過剰に取り込んでしまいそれで副作用として薬の作用が強く出てしまうのです。
ここで言う副作用というのは、頭痛、背部痛、消化不良、潮紅、筋痛等になります。
この副作用は、グレープフルーツと一緒に摂取しなくても出る可能性がありますが、グレープフルーツと一緒に摂取することでこれらの副作用がより強く出てきます。
また血圧を下げる作用も強く出る可能性があるので非常に危険です。

ちなみに高血圧治療薬(アムロジピン)なんかもグレープフルーツとの相互作用があることは有名ですよね。
もちろんED治療薬と高血圧治療薬との併用もダメですよ!

ちなみにですが、グレープフルーツだけがダメという訳ではなくその他一部の柑橘類で相互作用が見られるのですが、みかんやオレンジ、レモンなどは影響いたしません。
もちろん内服時のお話なので、普段は全然食べても大丈夫ですよ(笑)
それでも心配される方は、内服時だけ柑橘類(ジュース含む)を控えれば全く問題ありません。

新年早々女性からの甘い誘惑は大歓迎ですが、グレープフルーツですっぱい思い出は作らないようにしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スタッフ安田

どうも!新橋ファーストクリニックの安田です。
スタッフブログをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたか、参考になりましたか?
当ブログでは、ED治療やAGA治療、処方しているお薬のことなど、皆様に安心して治療をはじめていただけるよう情報を定期的に配信しています。
いま、症状でお悩みのあなた!一人で悩まずまずはご相談ください。

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。

東京都港区新橋3-14-5 S'TEC3ビル 3階 [アクセス案内]

この記事を共有する