クリニックコラム

バイアグラとグレープフルーツの飲み合わせは危険!理由や注意点も解説【医師監修】

ED

更新日:

ED
バイアグラとグレープフルーツの飲み合わせは危険!理由や注意点も解説【医師監修】

バイアグラとグレープフルーツは飲み合わせが悪いとされており、同じタイミングで飲んでしまうと思わぬリスクを生じる恐れがあります。
女性とのデートで日中にグレープフルーツを含んだ食事をした後、性行為の前にバイアグラなどのED治療薬を服用することは推奨しません。

今回は、バイアグラとグレープフルーツの併用で引き起こされる副作用やそのメカニズム、注意すべきポイントなどを説明します。
同時に飲んでしまった際の対処法も解説するので、ED治療薬の性質を正しく把握するためにも、ぜひ最後までご覧ください。

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

ED(勃起不全)でお悩みのあなたへ

ED治療は、新橋ファーストクリニックにお任せください。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を取り扱っています。

当クリニックの特長

  • 国内正規品のED治療薬を処方
  • 来院時の診察料、処方料などは全て無料
  • 新橋駅から徒歩3分の好アクセス
  • 予約なしで当日に来院してもOK

\ ED治療薬は260円1,580円 /

ED治療の詳細を見る

\ 最短1分 Webで予約完了! /

来院予約へ進む

/ 最短1分 Webで予約完了!  \

※ 表示の最低価格は初診患者様に処方するED治療薬です
※ 初診と再診で価格が異なるED治療薬があります

バイアグラとグレープフルーツの相性が悪い理由・メカニズム

注意する医者

バイアグラとグレープフルーツを一緒に取ってはいけないのは、グレープフルーツに含まれる成分がバイアグラの代謝速度(分解速度)に影響を与えるからです。

人間の身体には、外部から体内に侵入した物質を分解するシトクロムP450 3A4(CYP3A4)という酵素が存在しています。
バイアグラはCPY3A4によって分解されながら、最終的に適切な濃度だけ血流に取り込まれるように、専門医が処方量を調整しているのです。
バイアグラの添付文書にも、CYP3A4と相互作用することが明記されています。

一方で、グレープフルーツに含まれる成分は、CYP3A4の働きを阻害する性質を持っています。
CYP3A4が作用しなくなるということは、バイアグラの分解が十分に進行しないということです。

結果として想定よりも高濃度のバイアグラが血液に流れ込み、過剰摂取と同様の状態となることで副作用のリスクが高まります。

バイアグラとグレープフルーツの併用で起こりうる副作用

副作用のイメージ

バイアグラとグレープフルーツを併用すると、以下のような副作用を生じやすくなります。

バイアグラとグレープフルーツの併用による副作用のリスク

  • 頭痛
  • 背中の痛み
  • 筋肉痛
  • 動悸
  • 消化不良
  • 皮膚の赤み
  • 頬のほてり
  • 眼の充血
  • 鼻詰まり

バイアグラは陰茎海綿体への血流を促すことで勃起力を高めるメカニズムのため、全身への血流も活発になることで上記のような副作用に繋がります。
したがって、これらの副作用はグレープフルーツとの併用にかかわらず生じる可能性があります。
ただし、バイアグラの処方時の指示や用法・用量などを守れば過度に心配する必要はありません。

しかし、グレープフルーツと一緒に飲むことでバイアグラの吸収量が想定よりも多くなります。
本来よりも高濃度のバイアグラが血液を巡って全身に到達する結果、副作用のリスクや程度が高まるのです。

例えば、全身痛の副作用が本来よりも強く出る、過度な鼻詰まりで呼吸が困難になるといった症状が考えられます。

グレープフルーツ摂取後72時間はバイアグラと相互作用する危険性あり

時計を持つ医者

飲み合わせが悪くて医薬品本来の働きを強めたり弱めたりすることを相互作用といいます。
バイアグラとグレープフルーツの場合、72時間以内に併用してしまうと相互作用を生じる可能性があります。

グレープフルーツの成分がバイアグラの分解に影響を与えるCYP3A4の働きが一度阻害されると、CYP3A4が再び機能を取り戻すのに24時間以上かかるからです。

「グレープフルーツを食べてから2〜3時間も経っているから大丈夫だろう」と考えてバイアグラを服用するのは危険だと理解しておいてください。
バイアグラとグレープフルーツを併用する際は、72時間以上空けて飲むようにしましょう。

グレープフルーツ以外の食材とバイアグラの相性

バイアグラとグレープフルーツの相性を解説しましたが、グレープフルーツ以外でも注意すべき食材があります。

以下では、グレープフルーツ以外でバイアグラとの飲み合わせに注意すべき食材を紹介します。

みかんやレモンでは副作用を生じにくい

みかん

グレープフルーツは柑橘類なので、柑橘類全般がバイアグラの作用に影響すると思うかもしれません。
しかし、みかんやレモンといった柑橘類とバイアグラの組み合わせであれば、比較的副作用を生じにくいです。

グレープフルーツとその他の柑橘類では含まれる成分の量に違いがあり、バイアグラとの相互作用の程度に差が生じるからです。
みかんやレモンは、バイアグラの分解速度に影響を与える成分がほとんど含まれていません。

すべての柑橘類がバイアグラの副作用を高めるわけではないと覚えておきましょう。

フラノクマリン類を多く含む食材は副作用を強める

パセリ

バイアグラとの相互作用を強める原因は、フラノクマリン類と呼ばれる成分です。
グレープフルーツ中には特に多くのフラノクマリン類が含まれるため、バイアグラとの相性が悪いのです。

以下に、フラノクマリン類を多く含む食材の代表例を示しました。

バイアグラと相互作用しやすい食材の代表

  • グレープフルーツ
  • スウィーティー
  • 文旦(ブンタン)
  • 八朔(ハッサク)
  • 甘夏ミカン
  • ライム
  • パセリ
  • セロリ

女性との性行為にあたってバイアグラの活用を検討しているなら、デート中に上記の食材を摂取してしまわないように注意してください。

バイアグラ以外のED治療薬とグレープフルーツの飲み合わせ

バイアグラ以外にも、シアリスレビトラといったED治療薬が存在します。
また、より安価に処方を受けられるED治療薬のジェネリック医薬品という選択肢を検討している方もいるでしょう。

以下では、上記のようなバイアグラ以外のED治療薬とグレープフルーツの飲み合わせを解説します。

シアリスやレビトラとの相性も悪い

EDのイメージ

バイアグラと並んでED治療薬の代表とされるシアリスレビトラも、バイアグラと同様にグレープフルーツとの相性は悪いです。
シアリスの添付文書レビトラの添付文書には、CYP3A4と相互作用することが明記されています。

ED治療薬の種類によらず、グレープフルーツなど飲み合わせの悪い食材と一緒に服用することは控えるようにしてください。

ジェネリック医薬品でも副作用のリスクが生じる

バイアグラジェネリックの外箱

同じED治療薬でも「ジェネリック医薬品なら相互作用しにくいのでは?」と考える方がいるかもしれません。
しかし、ジェネリック医薬品(バイアグラジェネリックレビトラジェネリックシアリスジェネリック)でも先発医薬品と同様に副作用のリスクが生じます。

人間の身体に存在するCYP3A4はED治療薬の分解に関与すると前述しましたが、厳密にはED治療薬の有効成分に対して作用します。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ有効成分を同じ量だけ含むため、副作用のリスクは先発医薬品と変わりません。

なお、「バイアグラ」というのは商品名であり、「シルデナフィル」と呼ばれる物質がバイアグラの有効成分です。
一方で、バイアグラジェネリックはバイアグラの有効成分の名前をそのまま取って「シルデナフィル錠」としていることからも、有効成分が同じであるとわかります。

ED治療薬のジェネリック医薬品も、グレープフルーツとの飲み合わせは悪いと理解しておきましょう。

ED治療薬の服用期間中にグレープフルーツを摂取する際の注意点

指を指す医者

ここまでで、バイアグラをはじめとしたED治療薬とグレープフルーツの飲み合わせによる危険性を説明しました。

以下では、ED治療薬の服用期間中にグレープフルーツを摂取する際の注意点を4つ解説します。
ED治療薬とグレープフルーツを同時に飲んでしまった際の対処法なども紹介するので、ぜひチェックしておいてください。

EDの改善方法

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

ED治療薬の服用72時間前からグレープフルーツを取らない

ED治療薬を服用する可能性がある72時間前からは、グレープフルーツの摂取を控えましょう。
72時間以上空けることを意識すれば、普段からグレープフルーツを食べても問題はありません。

突発的に性行為の流れになっても問題ないように、デート中などはグレープフルーツをはじめとしたフラノクマリン類を避けるよう普段から心掛けましょう。
可能であればパートナーにあらかじめ事情を説明して理解を求めておくとスムーズです。

濃縮されたジュースやゼリーとの相性は特に悪い

ジュースゼリー形状のグレープフルーツとバイアグラを併用すると、より副作用のリスクが高まります。
ジュースやゼリーは果汁の濃縮によってフラノクマリン類の濃度が濃く、ED治療薬の分解をより抑制するからです。

特にグレープフルーツジュースでバイアグラを飲むのは危険な行為です。
バイアグラを服用する予定がある時は、ジュースやゼリーにフラノクマリン類を多く含む食材が含まれていないか注意しましょう。

同時に飲んでしまった場合は水を多めに取り身体を休める

ED治療薬とグレープフルーツを同時に取ってしまった場合は、水分を多めに取ったうえで身体を休めることを徹底してください。

ED治療薬とグレープフルーツを併用すると、ED治療薬の血中濃度が想定以上に高まります。
そこで、水分を多めに取ることで血中濃度を薄められ、副作用をいくらか抑えられる可能性があります。

相性の悪い組み合わせの医薬品と食材を同時に摂取しないことが先決ですが、もし一緒に飲んでしまった場合は、水分補給と休養を心掛けましょう。

ED治療薬による効果の増強を目的とした併用はリスクが高い

ED治療薬とグレープフルーツを併用すると血中にED治療薬の成分が多く取り込まれるため、「勃起力の改善に有効なのでは?」と考える方もいるでしょう。
しかし、ED治療効果の増強を目的にグレープフルーツと併用することは推奨しません。

専門医はED治療薬の副作用のリスクを考慮したうえで、患者に適切な服用量を指示しています。
グレープフルーツと併用するとED治療薬の吸収量増加による過剰摂取に繋がり、身体に予期せぬ危険が伴うと覚えておいてください。

もし期待するED治療効果を得られないなら、グレープフルーツとの併用で効果の増強を狙うのではなく、ED治療薬を変更したり治療法自体を見直したりする必要があります。
その際は専門医に相談してみてください。

グレープフルーツと相性が悪い医薬品は多いため要注意

サプリメント

ここまでで、バイアグラとグレープフルーツの飲み合わせについて説明しましたが、グレープフルーツと相性が悪い医薬品はED治療薬だけではありません。
グレープフルーツとの併用を避けるべき医薬品の例を以下にまとめました。

EDの改善方法

  • 免疫抑制薬
  • 高脂血症治療薬
  • 降圧薬
  • 抗アレルギー薬
  • 糖尿病治療薬
  • 抗うつ剤

ED治療薬以外に上記の医薬品を服用している方は、グレープフルーツと一緒に摂取しないよう注意しましょう。

このほかにも、グレープフルーツと相互作用する医薬品は多数存在するため、服用中の医薬品を専門医に伝えて指示を受けるようにしてください。

まとめ〜バイアグラを服用する72時間前からグレープフルーツの摂取を控えよう〜

バイアグラとグレープフルーツの飲み合わせについて解説しました。

グレープフルーツと一緒にED治療薬を服用すると、有効成分が過剰に血液中に取り込まれて身体に危険を及ぼします。

グレープフルーツなどの食材に含まれるフラノクマリン類を摂取してから72時間は、ED治療薬との相互作用が続く可能性があります。
併用する場合は、72時間以上空けるよう心掛けましょう。

このほか、ED治療薬の服用方法には様々な注意点があります。
当クリニックでは患者に寄り添い適切な対処法をお伝えしているので、お悩みや疑問点がある場合はお気軽にお問い合わせください。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する