ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

バイアグラ処方|効果や特徴、副作用について

バイアグラ処方|効果や特徴、副作用について

バイアグラとは

バイアグラは、アメリカのファイザー社が世界で初めて製造した、ED(勃起不全)に効果があると医学的に証明された、錠剤タイプの飲み薬(経口薬)です。
アメリカでは1998年2月に販売され、日本では1999年3月に発売になりました。

その効果についてはマスコミなどで詳しく報じられ、「勃起不全治療剤といえばバイアグラ」と世界中で認知されています。

バイアグラは医療用医薬品なので、購入するには医師の処方せんが必要です。
つまりバイアグラを使用するには、医療機関にて医師の診察を受ける必要があります。
バイアグラは、一般のドラッグストアやインターネットなどでは購入できないことになっています。

飲み方と勃起の効果時間

バイアグラは性行為をする1時間前に1錠飲んでください。
バイアグラを飲んでから30分ほど経過すると勃起が起こりやすくなりますが、勃起の後押しがピークに達するのは飲んでから1時間後です。
勃起が起こりやすい状態の持続は、約3~6時間です。
(バイアグラ インタビューフォームによる調査結果)

しかし、これらの時間は個人差があります。
もし時間が長すぎたり短すぎたりしたら、医師に相談することをおすすめします。

飲み方と勃起の効果時間

バイアグラを1錠飲んだら、次に飲むまでに少なくとも24時間は空けてください。
つまりバイアグラを飲んで勃起して、3~6時間後に効果が消えても、その直後に追加で飲まないようにしてください。

またバイアグラを飲んだからといって自然と勃起するわけではなく、バイアグラの効果が出るのは、性的興奮や性的刺激を受けたときです。
また、性欲がない人がバイアグラを飲んでも性欲がわいてくるということではありませんのでご注意ください。

  • 性行為の1時間前に1錠を水で飲む
  • 30分ほどで勃起が起こりやすく、1時間で効果のピークを迎える
  • 効果は3~6時間
  • 1錠飲んだら次に飲むまでに24時間空ける

有効成分

シルデナフィルクエン酸塩

“バイアグラ”という名称は薬剤名であり、一般名は“シルデナフィルクエン酸塩”といいます。

一般的には、バイアグラの有効成分はシルデナフィルであるといわれており、シルデナフィルが勃起を引き起こすと理解してください。

シルデナフィルが勃起を引き起こすメカニズムについては、
勃起のメカニズムをご覧ください。

バイアグラには25mg錠と50mg錠の2タイプがあり、「25mg」と「50mg」は1錠に含まれるシルデナフィルの量です。
1mgは1gの1,000分の1となります。

バイアグラにシルデナフィル以外に添加物として、結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、乳糖水和物、酸化チタン、トリアセチン、青色2号が含まれています。

費用

当院でバイアグラを購入する場合の費用は以下のとおりです。

バイアグラ25mg 1錠:1,200円(税込)
バイアグラ50mg 1錠:1,400円(税込)

バイアグラは医療用医薬品であり、購入と使用には医師の処方せんが必要ですが、健康保険などの公的医療保険は使うことができません。
医師の診察や処方せんの発行やバイアグラの購入は、患者様が医療費の全額を負担する、自由診療となります。
当院では薬剤費の他に診察料や処方料などは掛かりません。

用量

バイアグラ50mg錠・25mg錠

バイアグラの用量は、有効成分が多い50mg錠と有効成分が少ない25mg錠の2種類あります。

一般の成人男性は50mg錠を服用することになります。

25mg錠は、65歳以上の方や健康状態が万全でない方など、慎重に投与する必要があるときに処方します。

飲むときの注意

バイアグラは性行為の1時間前に、1錠を水と一緒に飲んでください。
水がない場合、お茶やアルコールで飲んでも大丈夫ですが、牛乳と一緒にバイアグラを飲まないでください。
牛乳の脂肪分がバイアグラの効果を弱くしてしまう恐れがあります。

アルコールは、程よく酔う程度であれば勃起の効果を高めることがありますが、飲みすぎると効果がまったく現れないことがあります。

また、満腹時にバイアグラを飲むと効果が低下するか、場合によっては効果が全く現れないことがあります。
特に肉類など脂が多い食事はバイアグラの効果を著しく低下させます。
バイアグラは空腹時に飲むことが理想です。

バイアグラは小腸で吸収されるので、一度吸収されて勃起の効果が現れ始めたら、その後に食事をしても効果は維持します。

  • 性行為の1時間前に、1錠を水で飲む
  • 水…◎、お茶やアルコール…○、牛乳…×
  • アルコールは適量は効果を上げるが、大量に飲むと効かなくなる
  • バイアグラは空腹時に飲むことが基本

副作用

バイアグラには次のような副作用があります。

  • 目が充血する
  • 顔が赤くなる、ほてる
  • 心臓の動きが速くなる
  • 頭痛
  • 鼻づまり

バイアグラを飲んで強い副作用を感じたり、体調を崩した場合には服薬を中断し、必ず医師に相談してください。
一般的なほてりや軽い頭痛、脈が速くなる程度でしたら、さほど心配はいりませんが、強い副作用があった場合には次回再び副作用が現れるかもしれないので、クリニックにかかることをおすすめします。

こういう方は飲まないで

バイアグラは、重い肝臓の病気の方や、重い心臓の病気の方は飲むことができません。
また、バイアグラに対してアレルギー反応を起こす方も飲むことができません。

医師はバイアグラを処方する診察のときに、患者様(利用希望者様)にこれらの病気について尋ねますが、患者様のほうでも気になることがあったら医師に積極的に尋ねてください。
診察時に、ご自身の体調に関することは、医師にすべて伝えておくようにしましょう。

バイアグラ併用禁忌薬一覧

不整脈治療に使うアミオダロンを含む薬

  • アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」アンカロン錠100

  • ミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」

硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)の商品一覧

  • L-オーネスゲン錠

  • アイスラール錠20mg

  • アイトロール錠10mg/20mg

  • アイロクール錠20mg

  • アパティアテープ

  • アンタップ/R

  • イソコロナールRカプセル

  • イソニトール錠20

  • イソピット

  • イソモニット錠20mg

  • エスタット錠5mg

  • カリアントSRカプセル20mg

  • コバインター錠5mg

  • コンスピット錠

  • サークレス注0.05%/0.1%

  • サワドールL錠

  • サワドールテープ40mg

  • ジアセラL錠/シアセラL錠20mg

  • シグマート錠2.5mg/5mg

  • シグマート注2mg/12mg/48mg

  • シグランコート錠2.5mg/5mg

  • ジドレンテープ

  • シベラント錠5mg

  • シルビノール錠5mg

  • ステンベルガー錠5mg

  • ソプレロール錠20mg

  • タイシロール錠20mg

  • ニコランジス錠2.5mg/5mg

  • ニコランジル点滴静注用12mg「サワイ」

  • ニコランジル点滴静注用2mg「サワイ」

  • ニコランジル点滴静注用48mg「サワイ」

  • ニコランタ錠5

  • ニコランマート錠/ニコランマート錠5mg

  • ニトプロ持続静注液6mg/30mg

  • ニトプロ注2mL/10mL

  • ニトラステープ/ニトラステープ40mg

  • ニトルビン錠5

  • ニトロールRカプセル20mg

  • ニトロールスプレー

  • ニトロール持続静注25mgシリンジ

  • ニトロール錠/ニトロール錠5mg

  • ニトロール注5mg/50mg/100mg/5mgシリンジ

  • ニトロール注バッグ50mg/100mg

  • ニトログリセリン舌下錠0.3mg[NK]

  • ニトログリセリン注25mg[HK]/50mg[HK]

  • ニトロダームTT

  • ニトロバイド錠5mg

  • ニトロペン舌下錠0.3mg

  • ニプラジロールPF点眼液0.25%「TOA」

  • ニプラジロールPF点眼液0.25%「サワイ」

  • ニプラジロールPF点眼液0.25%「ニッテン」

  • ニプラジロールPF点眼液0.25%「わかもと」

  • ニプラジロールPF点眼液0.25%「日点」

  • ニプラノール点眼液0.25%

  • ハイパジールコーワ錠3/錠6

  • ハイパジールコーワ点眼液0.25%

  • バソレーターテープ27mg

  • バソレーター注5mg/注50mg

  • バンソレータ軟膏

  • バンリール錠20mg

  • フランドルテープ40mg

  • フランドル錠20mg

  • ヘルピニン-Rカプセル

  • ミオコールスプレー0.3mg

  • ミオコール注5mg/50mg

  • ミニトロテープ27mg

  • ミリステープ5mg

  • ミリスロール注1mg/2mL

  • ミリスロール注25mg/50mL

  • ミリスロール注50mg/100mL

  • ミリスロール注5mg/10mL

  • メディトランステープ27mg

  • リファタックL錠

  • リファタックテープ40mg

  • リベラステープ

  • 亜硝酸アミル

  • 冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL

  • 硝酸イソソルビドテープ[EMEC]

  • 硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)