クリニックコラム

バイアグラと心臓の薬

ED

更新日:

ED
バイアグラと心臓の薬

今日はバイアグラについての記事を書いていこうかと思います。

バイアグラはED治療薬として、EDに悩む多くの患者さんの手助けをしている薬ですが、
その強力な効果の反面、副作用もある薬で、さらには他の薬との併用を注意するように言われている薬です。

その中でも併用を要注意とされているのが心臓病の薬や、降圧剤などです。

バイアグラには血圧を下げる作用もあるので、降圧剤を飲んでいる方がバイアグラと併用して服用してしまうと、さらに血圧を下げ危険な状態になるケースもあるのです。

そしてバイアグラと心臓病の薬との併用もまたそれと同じような作用が起こるので危険だとされています。
例えば、ニトログリセリン系の薬と一緒にバイアグラを飲むことで、血圧が急激に低下してしまうので危険なのです。

あるいはニトロール、フランドルやアイトロールといった硝酸系の薬も降圧作用を及ぼす可能性があるとされているのです。

近年では手軽に個人輸入などのインターネット通販からバイアグラをはじめとするED治療薬を手に入れられるようになりました。

ですが、心臓の薬とバイアグラの組み合わせの危険性を知らない方がそのほとんどだと思うのです。

良心的な個人輸入サイトには、併用禁止薬の一覧を載せているところもありますが、
全ての併用禁止、併用注意の薬の情報が記載されているとは限りません。

バイアグラは心臓の薬のほかにも併用注意を呼びかけられている薬です。
なのでいくらバイアグラを服用したいといっても、そういった危険な行為を良しとすることは出来ません。

もしも心臓の病気に作用する薬を飲んでいるならば、バイアグラを独断で服用するという事を避け、医師に「○○という薬を飲んでいます」と報告してからにしましょう。

それが唯一自分を守る術ですし、バイアグラを正しく服用するために行う、最低限の約束事なのですから。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する