クリニックコラム

カフェインで勃起力が上昇する!?EDや中折れ対策に有効?【医師監修】

ED

更新日:

ED
カフェインで勃起力が上昇する!?EDや中折れ対策に有効?【医師監修】

カフェインという成分を知っている方は大勢いらっしゃると思いますが、その成分の具体的な作用を知ってる方は少ないと思います。
カフェインは、コーヒーやエナジードリンクなどに含まれている身近な成分です。
仕事中や勉強中に、「眠気覚まし」にコーヒーを飲む人は多いはず。

しかし、その他の具体的な作用や効果を知ってる方は少ないのではないでしょうか?
カフェインには、勃起力を上昇させる効果が期待できます。

今回は、カフェインで勃起力が上昇し、EDや中折れの改善が期待できるかもしれないメカニズムについて解説します。

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

そもそも「カフェイン」とは

ジャンプする男性

カフェインとは、世界で最も広く使われている「精神刺激薬(興奮剤)」として知られています。
近年では、抗がん剤の効果を高める可能性があることもわかってきています。

一般的には、カフェインが中枢神経系を活性化させることによって覚醒作用や興奮作用、利尿作用、鎮痛作用、血管拡張作用などを示します。

カフェインの効果

  • 覚醒作用:頭が冴え、眠気が覚める
  • 興奮作用:興奮状態を引き起こす
  • 利尿作用:老廃物や毒素の排出を促進する
  • 鎮痛作用:痛みを抑え、頭痛などを抑制する
  • 疲労回復作用:ストレスや倦怠感を軽減する
  • 血管拡張作用:血管が拡張することで、血流が増加し、血圧は上昇する

カフェインは、コーヒーやエナジードリンク、紅茶、コーラなどに含まれています。
また、チョコレートや精力剤、市販の風邪薬などにもカフェインは含まれています。

カフェインの副作用

カフェインは、健康な成人男性の場合、個人差によりますが1日最大400mgまでの摂取量が推奨されています。
1日にそれ以上のカフェインを摂取すると過剰摂取となり、「カフェイン中毒」という中毒症状を引き起こす可能性があります。

カフェインを短時間で大量に摂取してしまうと、中枢神経系が過剰に刺激され、頭痛やめまい、興奮、不眠、吐き気などを引き起こします。
重症化すると、けいれんや不整脈、低血圧、意識障害などを引き起こし、最悪死に至る場合もあります。

カフェインは、耐性などが個人差によって違うので、効果や副作用の出やすさが人によって大きく異なります。
こういった症状が現れた場合は、カフェインの摂取をただちに中止し、病院やクリニックなどの医療機関で受診するようにしてください。

カフェインで勃起力は上昇する!?

元気な男性

結論から言うと、カフェインで勃起力が上昇する可能性があります。

カフェインが持つ、興奮作用や血管拡張作用、疲労回復作用などが勃起力に影響を及ぼすと考えられています。

興奮作用

興奮している男性

カフェインを摂取すると、中枢神経が活性化し、「興奮作用」が働きます。

興奮状態を引き起こし、それが性欲などの性的興奮に繋がります。
カフェインを飲むと「ムラムラ」したり、「性欲が増している」と感じることがあるのはそのためです。

性欲が増強され、性行為に積極的になることで、勃起力が上昇すると考えられます。

精力剤の代わりにカフェインやアルギニンを多く含む、エナジードリンクを飲む方もいます。

血管拡張作用

血流のイメージ

エナジードリンクを飲んだ後に、ドクドクと血圧が上がるような経験をしたことはないでしょうか?
カフェインが持っている「血管拡張作用」が勃起力を上昇させてくれる可能性があります。

カフェインによって、血流が良くなれば、陰茎の毛細血管への血流も増加します。
結果的に、勃起力アップに繋がる可能性があります。

疲労回復作用

深呼吸する男性

カフェインの持つ、「疲労回復作用」には、精神的な疲れを取り除き、ストレスや倦怠感を解消させる効果があります。
コーヒーや紅茶を飲んで落ち着くのはこのためです。

カフェインは、医薬品にも使用されており、EDに関しては、ストレスからくる心因性EDなど症状に効果があると言われています。

精神的なストレスがカフェインによって緩和されることで、勃起力が元に戻る可能性があるのです。

カフェインが含まれる飲み物と含有量

カフェインを含む飲み物

カフェインは主に飲み物に多く含まれています。

カフェインを多く含む飲み物とその含有量は、以下の通りです。

カフェインが多く含まれる飲み物と含有量

飲み物 カフェイン量(100mlあたり)
玉露 約160mg
コーヒー 約60mg
エナジードリンク 約32mg~(製品による)
紅茶 約30mg
烏龍茶 約20mg
ほうじ茶 約20mg
コーラ 約20mg
玄米茶 約10mg

カフェインの含有率が最も高いとされる玉露の場合は、3杯以上飲むとカフェインの過剰摂取になる可能性があります。
また、コーヒーの場合は、7杯以上はカフェインの摂り過ぎとなる可能性があるので、注意しましょう。

エナジードリンクは、製品によってカフェインの含有量が異なります。
海外の製品には、大量のカフェインが含まれていることもあるので、内容量などに注意しましょう。

カフェイン摂取の注意点~亜鉛の吸収を妨げる~

牡蠣

亜鉛は、EDの改善に必要な成分として知られています。
カフェインは、亜鉛などのミネラルの吸収を阻害してしまう効果があるため、摂りすぎには注意が必要です。

亜鉛は、現代人が不足しがちな成分で、体にとっては希少なものなのです。
カフェインは、そんな希少な亜鉛の吸収を妨げてしまう恐れがあるのです。

亜鉛の吸収をカフェインが邪魔してもバランスがとれるように、マカや牡蠣など亜鉛が多く含まれる食べ物やサプリメントなどで亜鉛不足を補うようにしましょう。

まとめ~カフェインは適量摂取を~

コーヒーなどに含まれるカフェインには、勃起力を上昇させる可能性があります。

しかし、カフェインの過剰摂取は、亜鉛の吸収を妨げたり、中毒症状を招く恐れがあるので、摂り過ぎには注意が必要です。

何事もバランスが重要なので、カフェインを摂り過ぎないように適量摂取を心がけましょう。
コーヒーを飲む習慣がある方は、1日3杯くらいにしておいたほうが良いでしょう。

そしてEDとカフェインが関係しているという話も耳にすることがありますので、情報だけが錯綜しないように解説を交えて説明していこうと思います。

そもそも、
カフェインの効果は利尿作用や覚醒作用などがあり、それが人によっては副作用と捉えられている場合があります。

医薬品としても使用されていますが、不眠や倦怠感などの症状の改善に効果があるとされています。
さらに抗がん剤の効果を高めてくれると言われています。

以上がおおよその効果なのですが、
カフェインはコーヒーやお茶などに含まれていますし、他にもインスタント食品など、現代人が口にする食事には必ずカフェインがついてまわります。

では、なぜこのカフェインとEDが関係していると言われているのでしょうか。

カフェインには精神的な疲れを取り除き、ストレスを解消させる効果があります。
医薬品の原料になっているのはそのためで、EDに関してはストレスからくる心因性の症状に効果があると言われているんです。

マカなどにもカフェインは含まれていますし、コーヒーやお茶を飲んで落ち着くのはこのためです。

ですが、逆にコーヒーなどでカフェインを取りすぎるのも危険だといわれているんです。

EDを改善する事に必要な成分、「亜鉛」。
亜鉛は現代人には不足している成分だといわれていて、摂取してもちょっとした事柄で消費してしまう、体にとっては希少なもの。

カフェインはその亜鉛の吸収を妨げてしまうと危惧されている成分なのです。

亜鉛は多くの食品に含まれている成分なのですが、せっかく摂取した亜鉛を吸収をカフェインが邪魔してしまうんですよね。

カフェインと亜鉛、その二つの成分を程よく含んでいるものがマカだともいわれているので、
ED治療をする際はバイアグラなどのED治療薬が一番効果的ですが、そのサポートとしてマカを一緒に服用するのも改善方法の一つです。

いずれにしても、カフェインがEDにイイ、悪いとは現段階ではかはっきりさせることが出来ません。

なのでどちらか一方を信用して、カフェインを摂りすぎたり、全く摂らなくなったりというコトはないようにしましょう。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する