クリニックコラム

バイアグラを女性が飲むとどうなる?効果やリスクを紹介【医師監修】

ED

更新日:

ED
バイアグラを女性が飲むとどうなる?効果やリスクを紹介【医師監修】

女性の中には、「バイアグラを飲めば性機能を高められるのでは?」と考えた方がいるかもしれません。
しかし、バイアグラは男性のED治療を目的とした医薬品であり、女性が飲むことは想定されていません。

今回は、仮にバイアグラを女性が飲むとどうなるのか、効果や危険性・デメリットを解説します。
バイアグラを女性が入手すること自体にもリスクが生じるため、しっかり理解しておいてください。

また、女性用バイアグラと呼ばれる医薬品もありますが、扱いには注意が必要です。
記事の後半で詳しく説明するので、ぜひ最後までご覧ください。

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

ED(勃起不全)でお悩みのあなたへ

ED治療は、新橋ファーストクリニックにお任せください。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を取り扱っています。

当クリニックの特長

  • 国内正規品のED治療薬を処方
  • 来院時の診察料、処方料などは全て無料
  • 新橋駅から徒歩3分の好アクセス
  • 予約なしで当日に来院してもOK

\ ED治療薬は260円1,580円 /

ED治療の詳細を見る

\ 最短1分 Webで予約完了! /

来院予約へ進む

/ 最短1分 Webで予約完了!  \

※ 表示の最低価格は初診患者様に処方するED治療薬です
※ 初診と再診で価格が異なるED治療薬があります

バイアグラとは

バイアグラ

バイアグラはもともと、心臓の筋肉に繋がる血管が狭くなることで胸の痛みなどを生じる「狭心症」の治療のために開発された医薬品です。
バイアグラの血管を広げる効果が、男性のED(勃起不全)改善にも効果を示すことが、後になって判明しました。

陰茎が勃起するためには、陰茎海綿体に十分な量の血液が流れ込む必要があります。
しかし、陰茎海綿体に繋がる血管が狭まっているなどの理由により血流が不十分になると、勃起力が衰えてEDを発症します。

バイアグラは、血管を広げて全身の血液の巡りを良くするため、EDの改善にも効果を示すという仕組みです。

バイアグラを女性が飲んだときの効果

バイアグラを服用する女性

ED治療薬といえば、バイアグラと言われることが多いです。
そのため、陰茎のない女性がバイアグラを飲むとどうなるかを理解している方は少ないです。

以下では、バイアグラを女性が飲んだときの効果を解説します。

バイアグラを女性が飲んだときの効果

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

ED治療本来の効果は得られない

女性がバイアグラを飲んでも、ED治療本来の効果は当然得られません。
バイアグラは男性の勃起力を高める効果がメインであり、女性には陰茎がないからです。

そもそもバイアグラは男性向けの医薬品であり、女性が飲む目的で作られたものではないと認識しておいてください。

性的刺激を感じやすくなる可能性がある

女性がバイアグラを飲むと血流が改善することから、膣や陰核といった性感帯の感度が高まると言われています。

バイアグラを製造・販売しているファイザー株式会社が行った臨床実験では、女性がバイアグラを飲むことで腟内が濡れやすくなったという報告があります。

しかし、女性がバイアグラを飲んだときの効果に関する研究は不十分のため、思い込みによるプラシーボ効果の可能性があり、医学的な根拠は明確に示されていません。

バイアグラを女性が飲む危険性・デメリット

頭を抱える女性

バイアグラを女性が飲むと、身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

以下では、バイアグラを女性が飲む危険性やデメリットを解説します。

バイアグラを女性が飲む危険性・デメリット

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

安易に服用して取り返しのつかないことにならないよう、しっかり理解しておきましょう。

血圧低下や視覚障害のリスクが高まる

バイアグラを女性が飲むと、血圧低下や視覚障害といった様々な副作用を引き起こすリスクが高まります。

バイアグラの効果の本質は、血管を広げて血液を流れやすくすることです。
血流が良くなれば血圧は下がるため、特にもともと血圧が低い方は低血圧症を発症する可能性もあります。

また、メカニズムは明らかになっていませんが、バイアグラの服用でまれに一時的な視力低下の障害が発生する可能性もあります。

バイアグラを女性が飲んでも、副作用のリスクが高まる一方であると認識しておいてください。

男性よりも副作用が出やすい可能性がある

女性の場合、バイアグラを飲んだときの副作用が男性よりも強く現れる可能性があります。
バイアグラに限らず、医薬品を飲んだときの効果や副作用は、男女で差が生じることは珍しくありません。

バイアグラの主成分は、腸から吸収されて血液に入ります。
このとき、女性のほうが男性よりも吸収速度が遅いという特徴があります。

また、医薬品の成分を体内で分解する肝臓の働きも、男女で差が生じやすいです。
女性は男性よりも肝臓のサイズが小さいため、分解速度が遅い傾向にあります。

このように、女性のほうがバイアグラの成分が長時間体内に留まり続けることとなるため、結果として副作用が強く長く出やすいのです。

医薬品副作用被害救済制度が適用されない

日本国内では、公的な制度として医薬品副作用被害救済制度が用意されています。

医薬品副作用被害救済制度は、医薬品を服用したにもかかわらず入院を伴うレベルの重篤な副作用が発生した場合に、医療費などのサポートを受けられる仕組みのことです。

しかし、この制度は医薬品を用法用量にしたがって正しく使用した際にしか適用されません。
バイアグラは本来、男性のEDを治療する際に処方される医薬品です。

そのため、女性がバイアグラを服用して重篤な副作用が発生したとしても、医薬品副作用被害救済制度の対象外となってしまいます。

バイアグラを女性が入手するリスク

バイアグラを女性が入手するリスクについて考える女性

ここまでで、バイアグラを女性が飲むデメリットを解説しましたが、そもそも女性がバイアグラを入手すること自体が危険な行為に該当する可能性があります。

以下では、バイアグラを女性が入手するリスクを解説します。

バイアグラを女性が入手するリスク

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

後になって「知らなかった」では済まないため、しっかり理解しておいてください。

他人から受け取ることは犯罪になる

バイアグラに限らず、病院やクリニックなどの医療機関で処方される医薬品は、他人に渡してはいけません。
女性が男性から譲り受けた場合、薬機法違反に該当する可能性があります。

バイアグラはED治療薬のため、女性には処方されません。
そのため、男性からもらえばよいと安易に考える方がいるかもしれませんが、これはれっきとした犯罪です。

薬機法違反は懲役や罰金といった罰則を受けるだけでなく、前科がつき信用を失ってしまうため、他人から受け取るのは辞めましょう。

個人輸入のバイアグラは健康被害の恐れがある

他人から受け取る以外の方法でバイアグラを入手したい女性の中には、個人輸入で購入すればよいと考える方もいるかもしれません。
しかし、個人輸入品が偽造品だった場合、重篤な健康被害を引き起こすリスクがあります。

実際、医薬品本来の効果や安全性が保証されていない「偽造バイアグラ」と呼ばれる粗悪品が世界で多く流通しています。
身体に悪影響を及ぼす成分が混ざっている可能性があり、肝機能障害低血糖症といった重篤な症状が発生した事例もあるため注意が必要です。

女性用バイアグラとは

前述の通り、女性がED治療薬であるバイアグラを手にすることは現実的ではありません。
一方で、女性が服用することを想定した「女性用バイアグラ」という医薬品があります。

女性用バイアグラは、性欲が減退してしまう性的欲求低下障害(HSDD:Hypoactive Sexual Desire Disorder)や、性的刺激を感じにくくなる不感症の改善を目的とした医薬品です。

女性用バイアグラの服用で性的刺激を感じやすくなれば、結果として性欲が高まり性行為の充実度・満足度アップに繋がります。

女性用バイアグラの代表例

女性用バイアグラには、いくつか種類があります。
中には副作用のリスクが大きいものもあるため、取り扱いに注意が必要です。

以下では、女性用バイアグラの代表例を2つ紹介します。

女性用バイアグラの代表例

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

Womenra(ウーメラ)

Womenra(ウーメラ)

Womenra(ウーメラ)は、海外に製造販売元を持つ女性用バイアグラです。
男性向けのバイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルが含まれており、不感症を治療する目的で用いられます。

ウーメラは性的刺激を感じにくく、満足に性行為できない方に向いています。
また、性的刺激不足で腟内が濡れにくく、挿入時に痛みを感じる人にも合っているといえるでしょう。

※当クリニックでは、「Womenra(ウーメラ)」の取り扱いはしていません

Lovegra(ラブグラ)

Lovegra(ラブグラ)

Lovegra(ラブグラ)も、海外で製造販売をしている女性用バイアグラです。

バイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルを含み、Womenra(ウーメラ)と並んで代表的な女性バイアグラとして知られています。

※当クリニックでは、「Lovegra(ラブグラ)」の取り扱いはしていません

女性用バイアグラに関する注意点

女性用バイアグラに関する注意点について説明する医師

女性用バイアグラは通常のバイアグラよりも手にしやすいと思うかもしれませんが、扱いには注意が必要です。

以下では、女性用バイアグラに関する注意点を2つ紹介します。

女性用バイアグラに関する注意点

※リンクをクリック、またはタップすると、ページ内の項目へ移動します

日本国内では承認されていない

ウーメラやラブグラといった女性用バイアグラは、安全性などの理由により、厚生労働省の承認を得られていません。

日本国内では、女性用バイアグラの製造・販売はされていません。
病院やクリニックなどの医療機関で処方される女性用バイアグラは、専門医による個人輸入品の可能性が高いです。

個人輸入品は健康被害のリスクがある

女性用バイアグラについても、個人輸入したものは偽造品の可能性があります。
有害物質の混入などによる健康被害のリスクが生じるため、誤って偽造品を手にしてしまわないよう注意しましょう。

ただし、偽造品ではないことを正しく判断するのは難しいケースもあるため、女性バイアグラを試したい方は個人輸入せず、専門医が在籍する病院やクリニックなどの医療機関に相談してみてください。

まとめ〜女性にとってバイアグラは健康被害のリスクが大きい〜

女性がバイアグラを飲んでも、バイアグラ本来の効果は得られません。
一方で、血管の拡張による様々な副作用を引き起こすリスクが伴います。
健康被害を避けるためにも、女性はバイアグラを飲まないようにしてください。

また、そもそも男性からバイアグラを譲り受けることは法律違反に該当します。
個人輸入したバイアグラは偽造品の可能性があり、健康被害のリスクが高いと認識しておいてください。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する