ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

スタッフブログ

性行為と薄毛の関係性

AGAについて

性行為と薄毛の関係性

一時期「性行為(自慰も含む)をしすぎると薄毛・抜け毛になる」という話題が持ち上がったことがあるのをご存知でしょうか?

薄毛や抜け毛の原因として過度な男性ホルモンが原因となっているという事を前に説明したことかと思います。

人間は性行為をするに限らず、性的なことを考えることで「テストステロン」という男性ホルモンが体内で分泌されます。

それ故に、男性ホルモンが分泌されてしまうという事から薄毛になってしまうのでは?と疑問・不安が生まれ、そこから性行為=薄毛という考えに至ってしまった方がいらっしゃるのではと思われます。

まず結論から申しますと、確実なことは言えませんが
性行為と薄毛はそこまでの因果関係はございません。

確かに精子には髪の素となるたんぱく質や亜鉛なども多く含まれていますので、性行為にしても自慰にしても頻度が多ければ注意しなくてはならないかもしれません。

さらに分泌されるテストステロンが薄毛や抜け毛に作用してしまうと考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。

ですがこのテストステロン、薄毛などには作用しないという事がわかっています。
以前ある実験で薄毛にならない方が睾丸を摘出し、テストステロンを注射しても薄毛になるという事はありませんでした。

男性ホルモンは性行為だけではなく、なんらかの場面で興奮したり、女性と会話したり妄想する事でも分泌されるものです。
さらに言いますと、このテストステロンという男性ホルモンは骨や筋肉、体毛の増加などの作用があるもので、逆に体にいい効果をもたらすものなのです。

ですが先に言ったとおり、射精回数を増やしてしまいますと髪の毛に必要な成分が体外に出されてしまいますので、注意が必要です。

髪の毛はたんぱく質で構成されており、亜鉛は薄毛の原因となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果があります。
これらを排出してしまうことは、いくらテストステロンが薄げには関係がなくても、髪にとってはよくないことです。

禁欲をする事で髪の毛が増えた気がする、という方もいるようですが、恐らくこのためではないかと考えられます。

ですがもともと男性にとって射精する事、とくに自慰に関しては生理現象ですので
それを我慢してしまうという事は逆にストレスが蓄積されてしまいます。
ストレスこそ髪にとっての問題であり、髪だけでなく性機能に関しても障害を及ぼす可能性があります。

性行為、自慰をする事でストレスを解消する事も可能です。
そもそも一般的な頻度で性行為や自慰を行っていれば薄毛には大きな影響はありませんので、気にしすぎない方が良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スタッフ安田

どうも!新橋ファーストクリニックの安田です。
スタッフブログをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたか、参考になりましたか?
当ブログでは、ED治療やAGA治療、処方しているお薬のことなど、皆様に安心して治療をはじめていただけるよう情報を定期的に配信しています。
いま、症状でお悩みのあなた!一人で悩まずまずはご相談ください。

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。

東京都港区新橋3-14-5 S'TEC3ビル 3階 [アクセス案内]

この記事を共有する