クリニックコラム

プロペシアの後遺症

AGA

更新日:

AGA
プロペシアの後遺症

AGAの兆候があっても、プロペシアの服用を躊躇ってしまっている方もいらっしゃいます。

その理由としては、
プロペシアの副作用や後遺症が気になるという事が要因として挙げられます。

なので、まずは今日はその説明をしていこうと思います。
プロペシアの副作用については以前説明したので、簡単に説明していきますが、
これまでに報告された実例としましては、性欲減退、勃起不全など男性器に関わる症例が多く、特に中でも多いのは性欲減退が多く報告されています。

ですが、この副作用は誰にでも起こるものではなく、
プロペシア服用者の2.5%がその副作用を体感するというデータがあり、症状も軽いものだといわれています。

以上が副作用についてなのですが、
これから後遺症の事に関して説明をしていこうと思います!

後遺症というと、人体によほど大きな影響をきたしてしまうイメージがありますが、
プロペシアの後遺症は医師によってあると言われる方とないと言われる方がいます。

僕個人の見解としては、後遺症はないと言えるのではないかと思います。

プロペシアに後遺症があると言われている方は、こういう事例をあげます。

プロペシアは男性ホルモンを抑制する成分が入っているので、飲み続けることによってこの男性ホルモンの分泌のバランスを壊す、という話です。
その症例として、プロペシアを長期で服用していた方が服用を止めた途端抜け毛が始まったという患者さんのケース。

僕はその患者さんの症例を詳しく知らないので正しいことは言えませんが、
プロペシアを服用して元気な髪の毛が生えてきても、それはまだAGAな完治しているとは言えない場合があります。

初期の段階のAGAなら十分完治の見込みはありますが、
そうではない場合は、プロペシアの成分の働きによって髪の毛が生えてきてるのであって、服用を中断してしまえば髪の成長も止まり、AGAの進行が再開してしまうことも珍しくないんです。

なので完治する前にプロペシアの服用を中断してしまうと後遺症でもなんでもなく、髪が抜けていってしまうということですね。

なので後遺症というべきものはないのではないかと、僕は思うわけです。
もちろん、意見は医師によって様々で、誰が正しいというコトはないのですがね(汗)

さらに副作用もある薬ですが、
その副作用の発症率も2.5%と低いものなので、後遺症の場合もあるとしても頻繁に起こるものではないと考えられます。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する