クリニックコラム

EDと赤ワイン

ED

更新日:

ED
EDと赤ワイン

さて、今日は非常に面白い記事を紹介していこうと思います。

EDは赤ワインを飲むことで治る!?という噂についてです。

僕が最初そのニュースを見たときは、
「そんな事あるはずないだろう」と思っていたのですが、
案外そうではないのかも知れません。

記事で説明していく前に、前もって言っておきますけどEDは赤ワインを飲み続けるだけで治るものでは…ありません。

でも、赤ワインに限らずEDとアルコールについては関わり合いがあることです。
そもそも、アルコールはEDにとって改善効果があると言われているくらいですしね。

昨日の記事ではありませんが、もちろん過度なアルコールは身体に害を成すだけではなく、
血管を収縮させてしまい、結果的にEDを引き起こす原因になってしまいます。

ですが、適度なアルコールは血流改善効果が認められているんですよね。

度な量のアルコールは、血の巡りを向上させ、さらに血小板が血液中で固まるのを防ぎ、血液の凝固を抑えてくれます。
さらに、血流がよくなることによって、血管内部に血栓が出来にくくしてくれるんですよね。

これらの理由により、適度なアルコールはED改善にとって効果があると言うコトが出来ると思います。

そしてこの赤ワインについてですが、レスベラトロールという物質が、EDの改善効果があると言われているのですよね。

レスベラトロールとは、赤ワインやぶどうに含まれるポリフェノールの一種であり、
効能としては、血管を拡張させる作用や、抗酸化作用が認められており、一般ではサプリメントとして販売されているくらいなのです。

そして一部では、EDの大半を占めているといわれている心因性EDにも効果があると言われています。

なので、赤ワインを飲むことによって、EDは改善されるというのもあながち間違いではないんですよね。

ですが、ここで一つ問題があるんです。
適度な飲酒はED改善にとって手助けになるといわれていますが、
それが習慣になってしまうと危ないです。

ワインはもちろんアルコールを含むものなので、いくらレスベラトロールが含まれていると言っても、
アルコールの方が成分としては多く含まれているので、飲みすぎはEDを誘発してしまいます。

確かに赤ワインの成分の中にはEDを改善に導く物質も含まれていますが、
だからと言って赤ワインだけを飲み続けていては、治るどころかさらに症状を悪化させかねません。

なので、先ほども言ったとおりレスベラトロールを摂取したい場合は、赤ワインではなくサプリメントなどで摂取するのが一番ED改善に繋がるでしょう。

スタッフより

スタッフ

クリニックコラムをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたでしょうか、参考にはなったでしょうか?

いま、なんらかの症状でお悩みのそこのあなた!
一人で悩まず、まずはご相談ください。

この記事を共有する