ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

レビトラの通販購入及び偽造品に伴う注意点

レビトラの通販購入及び偽造品に伴う注意点

レビトラの通販購入について

日本においては、レビトラを初めとするED治療薬は、医師の診察が必要となる処方箋医薬品です。通販などで購入し、処方箋を受けずに服用することはできません。

なぜED治療薬の服用には医師の診察に基づいた処方箋が必要なのでしょうか。それは、医師による診察のなかで、これまでの病歴や、いま治療中の病気、服用中の薬、EDの症状など、多岐にわたる服用上の重要事項を確認できるからです。これは、ED治療薬を安全に使用するために、絶対に必要なことです。

処方箋なしで通販購入したED治療薬を服用してしまうと、用法・容量の誤りや無理解によって、取り返しのつかない事故が起きてしまう可能性があります。ですから、レビトラやその他のED治療薬を通販や個人輸入などを通じて購入し、そのまま服用するというのは、法的な面からみても健康面の安全性からみても、非常に危険な行為なのです。

バイアグラでは通販購入から死亡事故も

しかしながら、現状はというと、危険であると指摘されているにもかかわらず、レビトラなどを通販や個人輸入の形で手にする人が多くいらっしゃいます。

確かに通販だと安価であったり、病院に行く手間が省けたりするため、そちらを選びたくなってしまうのでしょう。だからといって、何も問題のない行為であるとはいえないのです。

バイアグラが出始めのころに「バイアグラで病院に救急搬送された」「バイアグラで死亡事故」などのショッキングなニュースが話題になりました。日本国内でバイアグラの処方が開始される前に、自己判断で服用した方が、自身の健康状態など服用可能かどうかの条件をよく考慮せず、併用禁忌薬と一緒に使ったために引き起こされた事象です。

薬剤を個人輸入して使う際にはすべてのリスクが自己責任となります。自分の健康状態や併用禁忌薬、副作用に関しての情報をすべて自身で管理しなくてはならないため、一筋縄では行きません。

ましてや第三者が介入する通販や個人輸入などで手にしたレビトラを安心して使用することは難しいでしょう。口から摂取する治療薬だからこそ、安心できる医療機関で処方を受けることをおすすめします。

通販購入の問題点

通信販売形式の個人輸入サイトでレビトラなどの治療薬を購入(輸入)する問題点として、一番懸念されるのは、服用者が健康被害を被ることです。

偽物かどうかが一目でわかればいいのですが、やはりそういった手合いも見た目ではわからないように精巧なつくりをしています。ED治療薬メーカーが行った合同調査では、様々なサイトなどを利用してED治療薬を手にした結果、半数を上回る55%程度が偽物だったという結果が出ています。

みんな「自分だけは騙されない」と信じて通販購入しているが・・・

自分だけは絶対に騙されないぞ!と意気込んで、慎重に個人輸入の業者を選定しても、半数以上が偽物という結果では安心して買うこともできないでしょう。そしてこの通信販売形式の個人輸入で注意が必要な点は、何があっても「自己責任」となることです。

必ず取引をする際には、細かな規約に同意をしたうえで輸入代行手続きがされますが、この薬を使って健康被害が出ても「自己責任」、届いた薬剤がかなり汚れた外見で飲むのがためらわれるような場合でも「自己責任」。酷いときには実物が届かずに業者が姿をくらましてしまうこともあると言います。

レビトラを初めとするED治療薬などを手にする方法はいくつかありますが、安全な医療機関で処方を受けることをおすすめします。

個人輸入代行サイトなどの増加

個人輸入代行を行う業者は、以前は折込チラシなど集客することが多かったですが、最近はインターネット上で広告をおこなう「個人輸入代行サイト」が多くなっているようです。

インターネット上のサイトを選ぶ理由としては安価に輸入代行業をスタートできることが大きいようですが、そういった経験の浅い業者が正規薬剤の仕入ルートを確立できるのかは疑問です。

中には、定期的にサイト名やドメイン名を変更し、他者を装って同じ手口で輸入代行の詐欺行為を行う悪質な業者もいるそうです。当局もそういった業者の摘発を行っていますが、インターネット上の調査や捜査は難航する場合も多いようで、そういった業者を一掃できていないのが現状です。

上記の様な悪質な業者が多いためか、ED治療薬メーカーが合同で行った調査によれば、個人輸入代行サイトなどで手にした海外のED治療薬のうち、半数以上の55.4%が偽物だったとの結果が出ました。個人輸入代行サイトなどで輸入するには、リスクが伴うことに理解が必要です。

通販購入したレビトラに含まれていた有害成分

通販形式の個人輸入でレビトラなどを購入すると、粗悪な偽物を掴まされることがあります。それらには、本来の有効成分ではなく、人体に深刻なダメージを与える有害成分が含まれていることも珍しくありません。

見た目で判断できればまだお金を無駄にしただけで済みますが、見た目も精巧に作ってあった場合には、有害成分を含む偽物かどうかなど、まず判断がつきません。

通販購入したレビトラに含まれていた有害成分

偽物のレビトラなどには、有効成分のバルデナフィルではなく、バイアグラの成分が混入されていたり、中枢神経や交感神経に作用する興奮剤であるエフェドリンなどの成分が、適量などまったく考慮されずに含有されているケースもあります。これらの成分は服用の仕方や、その時の健康状態次第では非常に危険です。

効果がないのは幸運 不可逆的な副作用の危険も

もし、通販や個人輸入で購入したレビトラなどのED治療薬の偽物を服用して、効果が出なかっただけで済んだのなら、それは単なる幸運でしかありません。偽造品は不衛生な環境で作られることも多く、有効成分以外の不純物や他の薬効成分が含有されている可能性がかなり高いのです。

真偽の判断がつかない個人輸入薬剤では副作用も一時的なものではなく、不可逆的な副作用が出る場合も考えられるため、服薬に関しては慎重な対応が必要です。

レビトラは正規薬もジェネリックも薬局では購入できません

冒頭でも述べましたが、日本国内ではレビトラは処方箋医薬品です。国によっては日本の第一類医薬品の様に、一般の薬局で、薬剤師の相談の上で購入できる国もありますが、日本国内では薬局などで医師の処方箋なしで購入することはできません。

健康状態や禁忌薬との併用などで健康面に重大な危険が及ぶ可能性もあるわけですから、使用者の健康・安全を第一に考えるべきであり、処方箋医薬品とすることが良いのではないかと考えます。

ですから、もし今、国内でレビトラを医師の処方箋なしに購入できる薬局などがあるとしたら(そのような薬局はないとは思いますが)、それは明確な薬事法違反となります。

レビトラのジェネリック(インドジェネリック)についても同様です。日本国内では処方箋医薬品もしくは、一般医薬品としての認可が降りていないので、薬局などで販売することはできません。

レビトラのインドジェネリックを扱う医療機関も珍しいため、一般的には個人輸入で手にするしかありませんが、そこに潜む違法性や危険性や問題点は、これまで述べてきたとおりであり、決しておすすめはできません。

レビトラの偽物・偽造品に注意

レビトラの偽物・偽造品に注意

レビトラは日本のみならず、世界中で生産、販売されています。国により貨幣価値などが違うために、国内で処方を受けるより個人輸入したほうが安くなる場合があるのが現状です。

しかし、ED治療薬を製造するメーカーが行った調査によると「日本国内に個人輸入されている薬剤の5割超が偽物」と言った結果も出ており、個人輸入などで入手することはおすすめできません。

偽物のED治療薬は品質も悪く、劣悪な環境で製造されている場合も多いため、効果がないばかりか、健康被害を及ぼすこともあります。実際に偽物のED治療薬を服用したことによる死亡事故や重篤な副作用の報告などもあります。

個人輸入したものが、ひと目で偽物と判断が付けばよいですが、見た目だけでは判断が付かないものが多数あるため、安心して服用することもできません。

一個人として輸入をする場合は自分の手に薬剤が届くまでにどういった業者が介在しているかがわからないため、輸入を代行する業者は自身で選べても一抹の不安を拭いきれません。

個人輸入を行う際には、すべてが自己責任となるため、本当に信頼を置いて服用できるものか否かをご自身で判断する必要があります。

正規品レビトラ|錠剤
偽造品レビトラ|錠剤
正規品レビトラ|パッケージ
偽造品レビトラ|パッケージ1
偽造品レビトラ|パッケージ2
偽造品レビトラ|パッケージ3

レビトラの個人輸入は偽造品だらけ

偽造品シアリス|パッケージ3 アメリカにのみ、ボトル詰めされた正規のレビトラが販売されているのですが、よく映画やドラマなどで見られる
半透明のピルボトル
に入ったものは偽物です。
正規薬のボトルとも完全に異なりますし、わざわざピルボトルに詰め替えて通販されることはまずありませんのでご注意ください。
偽造品シアリス|パッケージ3 一見、用量も正しく、レビトラのイメージカラーであるオレンジが目立つので本物かと思ってしまうかもしれませんが、
レビトラ有効成分はバルデナフィルです。
この包装にはtadarafil(タダラフィル)と記載があります。これはシアリスの有効成分名です。外箱パッケージがあれば偽物だと判断はつきますが、箱のパッケージから出てしまえばもう判断はつきません。注意が必要です。
偽造品シアリス|パッケージ3 レビトラは5mg、10mg、20mgの規格しか製造されていません。これは日本国内に限った話ではなく、
世界的にこの三規格しか存在しません。
画像のような40mgや100mgといった規格の錠剤はレビトラには存在しないため、確実に偽物といえます。
錠剤の形状や色合い、表面の光沢なども本物とは違います。粗悪な製造によってつくられた偽物である証拠です。
偽造品シアリス|パッケージ3 こちらの画像の箱をよく見ていただくと判りますが、100mgの用量をうたっています。
レビトラに100mgの規格はない
ために偽物と判断が付きます。
東南アジアなどを中心に製造される精度の低い偽物は、我々にとって非常にわかりやすく判断が容易なため、ある意味ではありがたいと言えます。自身の健康のためにも、このような偽物に手を出してはいけません。

レビトラの偽物による深刻な健康被害

レビトラの偽物には正規の成分である「バルデナフィル」を含有するものもあるようですが、エフェドリンといった興奮作用を持つ成分や全く関係ない成分が含まれている場合もあります。

また、有効成分も一錠ごとの有効性分量にも偏りがあり、ある一錠には有効成分がほとんど含まれておらず、違う一錠には規定量の10倍以上の有効成分が入っている場合もあります。

海外では偽造ED治療薬を服用による死亡事故なども報告されています。日本国内でも、2011年4月、奈良において呼吸困難等で搬送され死亡した男性の衣類からED治療薬の偽物が見つかる事例なども報告されています。

このような事態を回避し、安全にEDを治療するためにも、しっかりと信頼できるクリニックで、正規のED治療薬を処方してもらう必要があります。

レビトラ偽造品製造現場

シアリス偽造品製造現場

製薬の工場というと、クリーンルームの中で整然と作られるイメージをお持ちだと思いますが、ED治療薬の偽物はイメージとかけ離れた不衛生な環境で作られていることがほとんどです。

不衛生な環境で製造されるため、製造品への不純物混入は避けられず、ずさんな手作業では品質管理もままなりません。実際に全く異なる医薬成分や覚せい剤が含まれていたこともあります。ED治療薬としての効果が期待できないだけでなく、健康被害が長く続いてしまうことも考えられます。

やはり、経口で摂取するED治療薬だからこそ、信頼できる医療機関で処方を受けることをおすすめします。