ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

スタッフブログ

「服薬でのAGA治療」について

AGAについて

前回、前々回とお話しましたが、AGAを引き起こす原因は『ジヒドロテストステロン(DHT)』と呼ばれる悪玉男性ホルモンです。この『DHT』を減らすことがAGA治療の近道となるのですが、男性ホルモンの一種である『DHT』そのものを減らすことは難しいのです。

そこで目をつけたのは『DHT』が作り出されるメカニズムです。男性ホルモン『テストステロン』に対して「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」が刺激を与えることによって、『テストステロン』が『DHT』に変化してしまう。この「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」を減らす、もしくは「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」が刺激しないようにすることで『DHT』の産生を抑えることができれば、AGAの治療ができるのです。

現在、『DHT』を減らすことに特化した治療薬はありませんが、『DHT』の働きを阻害する治療薬があります。『5α還元酵素阻害薬』といわれる種類の治療薬です。文字通り、「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」の働きを阻害することにより『テストステロン』が『DHT』に変わってしまうことを抑える薬です。

『5α還元酵素阻害薬』は『DHT』が増えることが原因で起こる「前立腺肥大」の治療薬として使われていたところ、髪の毛が増えるという男性にとっては嬉しい副作用が起きたため、AGAの治療薬として転用されました。

今現在、日本国内で認められているAGAに対する『5α還元酵素阻害薬』は『プロペシア』と言う名前の治療薬で成分名は『フィナステリド』です。

次回以降はこのプロペシアについて掘り下げていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スタッフ安田

どうも!新橋ファーストクリニックの安田です。
スタッフブログをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたか、参考になりましたか?
当ブログでは、ED治療やAGA治療、処方しているお薬のことなど、皆様に安心して治療をはじめていただけるよう情報を定期的に配信しています。
いま、症状でお悩みのあなた!一人で悩まずまずはご相談ください。

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。

東京都港区新橋3-14-5 S'TEC3ビル 3階 [アクセス案内]

「服薬でのAGA治療」について

「服薬でのAGA治療」について

この記事が気に入ったら
いいね!してね

SNSで随時更新情報配信中!

この記事を共有する