ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

スタッフブログ

「19歳以下で気になる」人もいる【薄毛の年齢】とは

AGAについて

「19歳以下で気になる」人もいる【薄毛の年齢】とは

時事通信社が、薄毛に関する興味深いニュースを配信しました。
記事のタイトルは「70%以上の男性が20~30代で薄毛の悩みに直面」です。

それによると「19歳以下で薄毛を気になり始めた」という人は3%いました。

中高年の薄毛の人がこの記事を読むと、「自分もかなり早い時期に気になり始めた」と、思い出すかもしれません。
若い人がこの記事を読めば、「この年齢で薄毛になることがあるのか」と心配になるかもしれません。

ただし、科学的には、薄毛は必ずしもネガティブな印象を与えるとは限らないことが証明されています。

20~39歳で気になり始めた:73%

20~39歳で気になり始めた:73%

時事通信社が紹介した「薄毛が気になる男性対象のアンケート調査」は、「カッコイイ株式会社(本社・東京都調布市)」という会社が実施しました。
薄毛に悩む男性150人に、心境などを聞きました。

「薄毛が気になり出したのは何歳からですか」の質問の結果は次のとおりでした。

1位:30~39歳(38%)
2位:20~29歳(35%)
3位:40歳以上(24%)

薄毛になった人の73%(=38%+35%)が、20~39歳でその兆候を感じていることがわかりました。
そして「19歳以下」は3%でした。

例えば、20歳で「将来薄毛になるかもしれない」と思い始めた人が、実際に40歳で薄毛になり始めたら、実に20年間も不安を感じ続けることになります。
薄毛懸念は、薄毛それ自体と同じくらい、男性を苦しめているといえそうです。

「薄毛が気になる」を科学で解明

東京未来大学こども心理学部の鈴木公啓准教授は、「薄毛は社会的にも学術的にも重要なテーマである」と指摘します。
それは、薄毛は、外観による印象形成において、大きな影響を有しているからです。

つまり薄毛は、本人が「気にする」と同時に、周囲の人から「気にされる」存在であるわけです。
ただし、その「気にされ」方は、必ずしもネガティブというわけではありませんでした。

薄毛の実害

薄毛が周囲の人から「気にされる」のは、薄毛は、元々あった場所に髪がないという状態であり、「ない」ということに意識が向けられるからです。
薄毛には次のような「実害」がある、とされています。

  • 恥ずかしいと思ってしまう
  • 老けて見られる
  • 女性からの人気がなくなってしまう
  • 恋愛や結婚の妨げになると考えてしまう

この4項目は、薄毛の人が日々、気にしていることだと思います。
しかし、次に紹介する「薄毛への印象実験」は、意外な結果を導き出しました。

薄毛への印象実験

薄毛への印象実験

鈴木准教授は、20~59歳の男性79人、女性87人の計166人に、次の4種類の顔写真を見せて、印象を尋ねました。

●A~Dとも同じ42歳男性で、髪型だけ加工した
A:薄毛でない髪の顔写真
B:薄毛が進行した顔写真
C:さらに薄毛が進行した顔写真
D:髪の毛がないスキンヘッドの顔写真

その結果は次のようになりました。

親しみにくい社交的でない若くない自信がなさそうセクシーでない
A:薄毛でない2位1位4位2位3位
B:薄毛が進行1位2位3位3位1位
C:さらに薄毛が進行4位3位1位1位2位
D:スキンヘッド3位4位2位4位3位

結果は「ばらばら」でした。

ポジティブな印象を持たれることもある

ただ、Bは「AとC」の中間であり、Dは特殊な髪型といえます。
そうなると、薄毛の人が気になるのは「AとC」の比較ではないでしょうか。
そこで「AとCだけ」を比較したところ、興味深い傾向が現れました。

再掲(AとCのみ)親しみにくい社交的でない若くない自信がなさそうセクシーでない
A:薄毛でない2位1位4位2位3位
C:さらに薄毛が進行4位3位1位1位2位

「親しみやすさ」と「社交性」の印象は、「薄毛が有利で、髪があったほうが不利になる」ことがわかります。

さらに「自信」と「セクシーさ」の印象は、「薄毛が不利にも有利にも働かない」結果になりました。
そして、「薄毛が不利で、髪があったほうが有利になる」印象は、「若さ」だけでした。

鈴木准教授は、「若さ」の印象で薄毛が不利になるのは、人々が「薄毛は加齢に伴う現象」と認識しているから、と述べています。
そして、「必ずしも薄毛によりネガティブな影響のみが生じるのではない」と結論づけています。

まとめ~自信を持って若いうちから治療しよう

薄毛の人は、若いころからその兆候に気がついていることがわかりました。
また、鈴木准教授の「薄毛への印象実験」の結果は、薄毛の人にとって「朗報」になったはずです。

ただ、この実験は、「20~59歳の男性79人、女性87人の計166人」に対して行なっています。
薄毛の人は、若い女性の印象を気にするかもしれませんが、その数字だけを抽出した分析はなされていません。

薄毛治療は、気になったときがスタートラインです。
20代でも30代でも、そして10代ですら、「まだ薄毛を気にする年齢ではない」と考える必要はありません。

気になったら、周囲の目を気にせず、薄毛対策を始めましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スタッフ安田

どうも!新橋ファーストクリニックの安田です。
スタッフブログをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたか、参考になりましたか?
当ブログでは、ED治療やAGA治療、処方しているお薬のことなど、皆様に安心して治療をはじめていただけるよう情報を定期的に配信しています。
いま、症状でお悩みのあなた!一人で悩まずまずはご相談ください。

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。

東京都港区新橋3-14-5 S'TEC3ビル 3階 [アクセス案内]

「19歳以下で気になる」人もいる【薄毛の年齢】とは

「19歳以下で気になる」人もいる【薄毛の年齢】とは

この記事が気に入ったら
いいね!してね

SNSで随時更新情報配信中!

この記事を共有する