ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

スタッフブログ

バイアグラ誕生20余年、ED治療は様変わりした

EDについて

バイアグラ誕生20余年、ED治療は様変わりした

販売してすぐに「夢の薬」「画期的な新薬」という評判が立った「バイアグラ」が誕生してから20年余りが経過しました。

バイアグラの日本販売が始まった1999年ごろは、ED(勃起不全症)という言葉は一般的でなく、「ED」という名前の自動車が存在したほどです。

そのころから比べると、令和のED治療は様変わりしました。

概ね、よい方向に変わったといえますが、課題もあります。
「ED治療史」を紐解いてみましょう。

患者が増えた

この20余年で最も変わったことは、ED患者さんが増えたことでしょう。

ある調査(*)によると、「中程度」と「完全型」の推定ED患者数は、1998年の1,130万人から2019年には1,304万人に増えました。
増加率は15%にもなります。

*:https://www.atpress.ne.jp/news/201563

患者が若くなった

患者が若くなった

患者数の増加とともに顕著なのは、患者さんの若年化です。
別の調査では、20~30代のED患者さんは、全体の3割近くに達することがわかっています(*)。

EDの発症原因には、他の病気が原因で発症する器質性EDや、ストレスが原因となる心因性EDなどがありますが、20代30代の場合、心因性EDが大半を占めます。

この20年間で、日本はすっかりストレス社会になりました。

20年前の新入社員は、入社してからワードやエクセルを覚えることも珍しくなく、のんびりしていました。
多くの企業は、社員を「入社させてから鍛える」というスタンスでした。

ところが現代の企業は即戦力を求めます。
新入社員ですら、さまざまなモバイル機器を使いこなせなければならず、情報はニュースだけでなくSNSでも収集しなければなりません。

政府が民間企業に「働き方改革」や「ストレスチェック」を指示しなければならないほど、労働は長時間化、過密化しています。
若い人の心因性EDが増えても不思議はありません。

*:https://www.atpress.ne.jp/news/161817

オープンになった

「ED」という中立的な言葉が定着したことで、ED治療がオープンになった印象があります。
それ以前は「インポテンツ」や「インポ」という言葉が使われていて、侮蔑や揶揄のニュアンスがありました。

日本には、性的な話題を過度に隠す風潮があるので、昔は「インポで悩んでいる」ことも隠さざるを得ませんでした。
しかし、EDという言葉の普及とともに、「EDは病気」という認識が広まりました。

熱が出たり腹痛が起きたりしたときに病院に行くように、最近では、EDになったらクリニックに行くことが「普通のこと」になりました。

専門のクリニックが増えて通院しやすくなった

専門のクリニックが増えて通院しやすくなった

この20年の間に、バイアグラに加えて、レビトラ、シアリスというED治療薬が登場しました。
また、ED治療薬のジェネリック薬も登場しました。

治療の選択肢が広がったことで専門知識が必要になり、「ED専門」を掲げるクリニックが増えました。
ED専門クリニックの増加は、ED患者さんの「物理的なバリア」と「心理的なバリア」を解消していきました。

20年前は大都市にしかED治療をする医療機関がなく、地方の人はED治療薬を手に入れることができませんでした。
これが「物理的なバリア」です。

治療できる医療機関が少ないと、その医療機関で知り合いに会う確率が高くなるので、患者さんに「そこに行きたくない」という心理が働きます。
これが「心理的なバリア」です。

この20年で2つの分厚いバリアがほとんどなくなったことで、早期発見、早期治療が可能になりました。

偽薬が増えた

偽薬が増えた

ED治療の20年では、よくないことも起きています。
それは偽薬が増えたことです。

特許が切れていないED治療薬のジェネリックが「なぜか」出回っています。
有効成分が入っていない偽薬も流通しています。

この20年でネット通販が急拡大したことで、「何でも売れる、何でも買える」時代になりました。

しかも匿名で売ることも、匿名で買うこともできます。
偽のED治療薬で一儲けしようとしている輩にとって、ネット社会は好都合です。
ED患者さんは、しっかりしたクリニックに通うことで自己防衛しましょう。

間違ったイメージがまだある

「バイアグラは心臓病を引き起こす」という「間違った」イメージが、令和の時代でもいまだに残っています。

バイアグラは、アメリカで販売が始まっても、しばらくは日本で販売されませんでした。
それで、個人輸入でバイアグラを手に入れる日本人がいました。

そうした人のなかには、重い心臓病を持っている人がいて、バイアグラを使って性交をして、心停止をして死亡するという事故が起きました。

「バイアグラが心臓病を引き起こす」ことはありません。

ED治療薬には、そのような副作用はありません。

そして、そもそも医師は、重い心臓病を持っている人にはバイアグラを始めとするED治療薬を処方しません。
ルールとおりに使えば、ED治療薬は安全に使用できます。

まとめ~より気軽に治療できる時代に

この20年間で、EDの治療環境はだいぶ改善されたといえます。
治療方法が進化して、偏見が減ったことで、ED患者さんは治療に前向きに取り組めるようになりました。
少しでも「おかしいな」と感じたら、すぐにED治療のクリニックに行きましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スタッフ安田

どうも!新橋ファーストクリニックの安田です。
スタッフブログをお読みいただきありがとうございます!
いかがでしたか、参考になりましたか?
当ブログでは、ED治療やAGA治療、処方しているお薬のことなど、皆様に安心して治療をはじめていただけるよう情報を定期的に配信しています。
いま、症状でお悩みのあなた!一人で悩まずまずはご相談ください。

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニック

新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。

東京都港区新橋3-14-5 S'TEC3ビル 3階 [アクセス案内]

この記事を共有する