ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら新橋ファーストクリニック

診療受付時間

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

お電話でのご相談・ご予約(診療時間内受付)

03-5777-5065

AGAとは?

AGAという脱毛症状は、一体どのような仕組みで引き起こされるのか?
AGAの原因やメカニズムを分かりやすく解説します。

AGAの解説

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を意味します。

成人男性が思春期以降に体内のホルモン状態の変化により、生え際や頭頂部などから脱毛が進む症状を指します。
日本人男性の約三割がAGAを発症すると言われています。

AGAの原因と特徴

何が原因でAGAになり、脱毛症状にはどのような特徴が見られるのか、詳細に説明します。

AGAの原因

AGAの原因といわれているのは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加です。

DHTは、男性には欠かせないテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5α還元酵素の働きによって変換された、悪玉男性ホルモンのことを指します。
この5α還元酵素の働きが活発になることにより、体内のDHTが増えてしまうのです。

AGAの原因

悪玉男性ホルモンであるDHTは、胎児期のうちから既に存在するものですが、思春期以降になるとAGAやニキビ、前立腺肥大などの原因になります。

DHTが髪の毛の根元にある毛包や、皮脂腺に悪い影響を与えることにより、髪が抜けやすくなったり、育ちにくくなります。
これがAGAの原因であると考えられています。

ヘアサイクルと短期化

AGAになった場合に、髪に起こる変化の最大の特徴が、ヘアサイクルの短期化です。
ヘアサイクルとは何なのか?それがなぜ短くなってしまうのかについて、イラストとともに分かりやすく解説します。

正常時のヘアサイクル

古い髪の毛が抜けた後には新たな髪の毛が2年から6年かけて、太く長く成長する成長期を迎えます。

成長を終えると髪の毛が抜ける退行期(2週間程度)に入り、抜けた後に新たな髪の毛が生える準備をする休止期(3~4ヶ月)にはいります。

これを繰り返すことが正常なヘアサイクルです。
生えている髪の毛の大多数を強く太い髪の毛が占める為に、髪の毛のハリやコシ、ボリュームが感じられます。

正常時のヘアサイクル

ヘアサイクルの短期化

AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)が増加すると、「毛包のミニチュア化」が起こり、成長期が著しく短縮されてしまうので、髪が十分に育たなくなります。

これがヘアサイクルの短期化と呼ばれる現象です。
2年から6年とされている本来の成長期間は、数ヶ月から1年ほどにまで短縮されてしまうため、毛髪は細く弱い状態までしか成長することができず、「軟毛化」と呼ばれる状態になります。

軟毛化が起きている毛髪の割合が増えてくると、見た目に頭皮が見え易くなったり、髪のハリやコシが感じられなくなったりします。

ヘアサイクルの短期化

また、髪全体の見た目にはあまり変化が感じられなくても、抜け毛の中に、細くて短く、毛先の尖っている髪が混じっている場合には、軟毛化やヘアサイクルの短期化が起きている可能性が十分に考えられます。

毛包のミニチュア化

成長期の毛包が早く退行期・休止期に移行してしまい、毛包が十分に成長せず小さくなります。

硬毛の軟毛化

成長期の毛髪の割合が減少し、細い毛髪が増えると共に抜け毛が増えます。

皮脂の異常分泌

皮脂の異常分泌といわれているのは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加です。

DHTは、男性には欠かせないテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5α還元酵素の働きによって変換された、悪玉男性ホルモンのことを指します。
この5α還元酵素の働きが活発になることにより、体内のDHTが増えてしまうのです。

皮脂の異常分泌

悪玉男性ホルモンであるDHTは、胎児期のうちから既に存在するものですが、思春期以降になるとAGAやニキビ、前立腺肥大などの原因になります。

DHTが髪の毛の根元にある毛包や、皮脂腺に悪い影響を与えることにより、髪が抜けやすくなったり、育ちにくくなります。
これが皮脂の異常分泌であると考えられています。

AGAの特徴

AGAによる脱毛症状は他の脱毛疾患と比較すると、明確に違う特徴があります。
中でも、脱毛症状が現れる部位と、脱毛の進行性は、AGAによる脱毛症状の明らかな特徴として挙げられることが多く、AGAかどうかを診断する上でも、不可欠な判断材料となります。

発現部位

AGAの症状は発現する部位がほとんど決まっており、生え際と頭頂部に顕著に現れます。

逆に耳の辺りから後頭部にかけてはAGAの症状が出にくい部位となっており、側頭部と生え際、または頭頂部の髪の状態を比較することにより、AGAの判断材料の1つとなります。

発現部位

進行性

AGAは進行性の症状で、時と共に薄毛症状が進んで行きます。

更には、一つの毛母細胞がもつヘアサイクルの回数はある程度決まっているといわれており、このヘアサイクルをAGA症状により短い期間でヘアサイクルを終えてしまうことによって、更にAGAは進行してしまいます。
症状が進行する前に治療を始めることがAGA治療の第一歩です。

進行性