ED危険度診断結果

診断結果はあくまでも予想される疑いであり、必ずしもそれが原因と断定するものではございません。

あなたのED危険度は0点です。

EDの疑いは非常に低いです

原因と改善方法

●心因的要因
手術や外傷によるEDの原因について

手術や外傷によるEDの原因について

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術や脊髄損傷などが原因でEDを発症する可能性があります。前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危険性がり、事故などによる脊髄損傷は勃起の中枢の一つが脊髄の中にあり、中枢からの勃起の指令が脊髄を通るため、脊髄損傷は一般にEDを高い確率で併発させると言われています。最近では手術後の生活を重視して、勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す勃起神経温存術をとっているところもあるため、不安のある方は手術を行う前に医師に相談しておきましょう。脊椎損傷の場合、麻痺や神経反射機能の程度によっては時間を要するものの治癒する場合もあります。特に若い方ではED治療薬の効果も高いといわれています。

●生活習慣による影響
手術や外傷によるEDの原因について

手術や外傷によるEDの原因について

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術や脊髄損傷などが原因でEDを発症する可能性があります。前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危険性がり、事故などによる脊髄損傷は勃起の中枢の一つが脊髄の中にあり、中枢からの勃起の指令が脊髄を通るため、脊髄損傷は一般にEDを高い確率で併発させると言われています。最近では手術後の生活を重視して、勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す勃起神経温存術をとっているところもあるため、不安のある方は手術を行う前に医師に相談しておきましょう。脊椎損傷の場合、麻痺や神経反射機能の程度によっては時間を要するものの治癒する場合もあります。特に若い方ではED治療薬の効果も高いといわれています。

●病気・怪我などによる影響
手術や外傷によるEDの原因について

手術や外傷によるEDの原因について

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術や脊髄損傷などが原因でEDを発症する可能性があります。前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危険性がり、事故などによる脊髄損傷は勃起の中枢の一つが脊髄の中にあり、中枢からの勃起の指令が脊髄を通るため、脊髄損傷は一般にEDを高い確率で併発させると言われています。最近では手術後の生活を重視して、勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す勃起神経温存術をとっているところもあるため、不安のある方は手術を行う前に医師に相談しておきましょう。脊椎損傷の場合、麻痺や神経反射機能の程度によっては時間を要するものの治癒する場合もあります。特に若い方ではED治療薬の効果も高いといわれています。

診断結果はあくまでも予想される疑いであり、必ずしもそれが原因と断定するものではございません。より正確なEDの診断をご希望の方はお気軽にご相談ください。

あなたにおすすめのED治療薬

有効成分「バルデナフィル」
レビトラ(5mg・10mg・20mg)

製薬会社:バイエル薬品(正規品)

国内で認可されている3種類のED治療薬の中で、効果発現までが最も早い治療薬です。

服用から30分以上かかるバイアグラや、1~2時間で効果が出始めるシアリスに比べると即効性があります。

処方価格について

レビトラ(5mg)1錠1,200円(税込)
レビトラ(10mg)1錠1,400円(税込)
レビトラ(20mg)1錠1,750円(税込)

ED治療薬が処方できないケース

  • ・ED治療薬に含まれる成分に対して過敏症の既住歴がある方
  • ・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の方
  • ・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
  • ・不安定狭心症のある方、又は性交中に狭心症を起こしたことのある方
  • ・重度の肝障害のある方
  • ・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ケ月以内にあった方
▶ ED治療薬服用で失敗しない為に・ED治療薬を服用できない疾病

オンライン予約(24H受付中)

お電話でのご予約はこちら

03-5777-5065

平日12:00~20:00(19:50最終受付)
土日祝11:00~19:00(18:50最終受付)

無料相談実施中

治療のご相談やお薬についてのご相談など、担当医師がご相談にのります。

※注意事項:診察状況などにより、ご返信にお時間いただく場合がございます。