▲このページの上部へ

新橋ファーストクリニックスタッフブログ

ED治療薬の用量の違いについて

2014-06-09 (月曜日) 17:59

バイアグラ』『レビトラ』『シアリス』と三種類あるED治療薬ですが、それぞれに用量に因る規格がいくつかあります。

バイアグラ』は国内では小用量25mgと中用量50mgが認可されており、その上に高用量100mgが存在しますが諸外国では認可済みですが、日本国内では認可されておらず、今後も認可されるという話は聞いたことがありません。

レビトラ』は小用量5mg、中用量10mg、高用量20mgが認可され、処方されています。

シアリス』も同じく小用量5mg、中用量10mg、高用量20mgがそれぞれ認可されています。

この用量は1錠に含まれる薬剤の成分量の違いです。小用量のバイアグラ25mg・レビトラ5mg・シアリス5mg、中用量のバイアグラ50mg・レビトラ10mg・シアリス10mgという用量ごとで効果は大まかに同じ程度と言われます。

ED治療薬を選ぶ際に多い勘違いは、「用量の高いものを使えば強い効果が得られる」というものです。

ですが、この考えはあながち間違えた考えではありません。中用量で効果が薄い方は高用量の薬剤で効果が得られる場合もあります。しかし、中用量でしっかりと効果が感じられる方は、高用量の治療薬を使っても効果に大きな違いが無いことが殆どです。用量を増やすと副作用の発言頻度や程度が強くなる恐れもありますので、ご注意ください。

用量の目安ですが、お困りの症状が「勃起の硬さが少し弱くなった」「最初は大丈夫だけど、中折れしてしまう」「自慰行為は問題なく出来るが相手がいるとうまく出来ない」と言った症状であれば中用量程度からお試しいただければと思います。

用量に関しては診察の中で、現在の状態を確認させていただき、経験に基づいて適正であろう用量をお薦めしています。

次回は『良く受ける相談』について説明します。

カテゴリータグ:ED治療
新橋ファーストクリニック

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました
診療時間
ED・AGA相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

ED・AGAの無料相談はコチラ

ブログ内検索

RSS1.0RSS2.0ATOM
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました