▲このページの上部へ

新橋ファーストクリニックスタッフブログ

隠れEDに注意「これもそうなの?」早期に治せば回復も早い

2019-04-10 (水曜日) 15:46

男性
「勃起さえすればED(勃起不全)ではない」というわけではありません。

勃起するEDや、射精できるEDもあり、このような「隠れED」を気のせいだろうと無視することは避けてください。

原因にもよりますが、早期に治療をすれば、早期の回復を期待することもできます。



勃起が行為中に萎えてもED


隠れEDの代表格は、勃起はするが性交中に萎えてしまう現象です。

通称「中折れ」と呼ぶこともあります。

EDのなかに、心因性のEDがあります。

これは文字通り、心に原因があるEDです。

勃起はメンタルの影響を受けやすく、そして性交はメンタルに影響を与えやすい行為です。

したがって心や気持ちの問題からEDを発症することは当然といえば当然なのです。



例えば、性経験が豊富な男性でも、長年憧れていた女性と性行為に及ぶとき、極度の緊張に陥ることがあります。

性交直前まで興奮が高まって勃起していたのに、憧れの人の裸に触れた途端に恐れ多い気持ちから勃起が終了してしまうのです。



性行為に臨む直前にしっかり勃起するので、かたなくなに「EDではない」と思う人も(思いたい人も)少なくないのですが、ED専門クリニックではEDと診断される確率が高いでしょう。



勃起せず射精できてもED


男女
勃起はしないものの、なんとか性行為を続け射精できた場合であっても、EDの疑いがあります。

この場合、男性がED治療にとりかからないと、パートナーの女性を満足させることができなくなります。

女性は勃起の強さからも快感を得るからです。



もし心因性のEDから柔らかいままの射精が続いていると、女性が満足していないことを知ったときにさらに大きなショックを受けることになるでしょう。

そうなると、心因性EDが進行し、勃起も射精も難しくなるかもしれません。

ED治療のスタートラインは「もしかしたらEDかな?」と思ったときです。



ED治療薬というお守り


薬
EDの治療では、主にED治療薬を使います。

1錠飲めば勃起が期待できる薬が数種類出ていて、ED治療を行っているクリニックで処方してもらうことができます。

中折れEDや射精EDなどの隠れEDや初期EDでも、ED治療薬によって治療します。

そしてED治療薬は、ときにお守りになることもあります。



とある隠れEDの方がクリニックを受診したところ、EDであると診断されました。

そこでED治療薬を処方されたわけですが、その治療薬を飲んで性行為に臨んだところ、しっかり行為を行うことができました。

すると、次はED治療薬を使わずに性行為ができたのです。
その次も使わずにできました。



何が起きたのでしょうか。

男性は自分の財布のなかにED治療薬を忍ばせておきました。

それが「だめな時は、これを使えばいつでも勃起が得られる」という安心感を生み、心因性のEDが改善したのです。



まとめ~気のせいで終わらないことのほうが多い


隠れEDも初期EDも放置しないようにしてください。

「性的興奮を得て勃起して性行為に臨んで射精する」ここまで到達して、正常です。
この途中に異変が起これば、それは体の異変と考えるべきでしょう。

勃起が正常だとしたら、EDは異常な状態です。

そういった体の異常が疑われる場合は、医療機関で治療する事をおすすめします。



新橋ファーストクリニック



新橋ファーストクリニックでは、ED治療はもちろん、AGA治療やにんにく注射、肥満症の治療も行っております。



■新橋ファーストクリニック【クリニック総合】
https://first-clinic.jp/

■新橋ファーストクリニック【ED治療】
https://first-clinic.jp/ed/


カテゴリータグ:ED治療
新橋ファーストクリニック

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました
診療時間
ED・AGA相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

ED・AGAの無料相談はコチラ

ブログ内検索

RSS1.0RSS2.0ATOM
新橋ファーストクリニックでオンライン診療はじめました