ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら、新橋ファーストクリニック!

ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら、新橋ファーストクリニック!

ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら、新橋ファーストクリニック!

2月29日更新

▲このページの上部へ

新橋ファーストクリニックスタッフブログ

『AGAの症状』について

2014-11-10 (月曜日) 19:49

今回は「AGAの症状」についてです。

前回、AGAの原因は『ジヒドロテストステロン(DHT)』と呼ばれる悪玉男性ホルモンだとお話しましたが、実際にこの『ジヒドロテストステロン(DHT)』が増えるとどのような症状が現れるかと言うと、一番大きな症状は『ヘアサイクルの変化』です。

通常は古い髪の毛が抜けると、休止期や退行期といったお休みの時期を経て、新たな髪の毛が生えてきます。その髪の毛は2年から6年と言う長い期間を掛けて大きく強く成長し、やがて役目を終えて抜けていきます。その後にはまた休止期や退行期を経て新たな髪の毛が生える。このサイクルが通常のヘアサイクルといえます。

しかし、『ジヒドロテストステロン(DHT)』の刺激によってこのヘアサイクルに変化が起こります。髪の毛が成長する期間が著しく短くなってしまいます。そうすると髪の毛は、半年から一年と言った短い期間で大きくなる前に成長を止め、抜けていってしまいます。抜けた後にはまたお休みの期間を経て新たな髪の毛が生えてきますが、それも大きく成長する前に抜けてしまいます。

このサイクルが繰り返されることにより、「髪の毛の中で細くて弱いものが増える」、「休止期や退行期にあるものの割合が増えて本数が減る」ことにより、地肌が見え易くなってしまったり、髪の毛にハリやコシが無くなってしまいます。とくにこういった症状が生え際や頭頂部に現れやすいのが特徴です。

ヘアサイクルの変化は抜け毛にも現れます。抜けていく髪の毛の中で、細くて弱いものの割合が増えるため、AGAが疑わしい場合には日常生活で抜ける髪の毛の質をみることも一つの判断材料になります。

次回は、服薬でのAGA治療についてです。

カテゴリータグ:AGAについて

来院予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)
遠隔診療はじめました
診療時間
ED・AGA相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

ED・AGAの無料相談はコチラ

ブログ内検索

RSS1.0RSS2.0ATOM
遠隔診療はじめました