ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら、新橋ファーストクリニック!

ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら、新橋ファーストクリニック!

ED治療・AGA治療・にんにく注射の事なら、新橋ファーストクリニック!

2月29日更新

新橋ファーストクリニックスタッフブログ

乾燥から頭皮を守れ!今こそ見直そう頭皮ケア対策

2016-01-28 (木曜日) 

皆さん、こんにちは。新橋ファーストクリニックです。

東京でも雪が積もったりと大分本格的な冬を迎えたわけですが、皆様凍った道路で滑って転んだりしないように気をつけてくださいね!
さて、冬といえば鍋…と言いたいですが今回のお話は「乾燥」です(笑)。



ただでさえ乾燥している冬ですが、職場やご自宅で寒くて暖房をつけてさらに乾燥を強めてませんか?
はい、私も家ではもう暖房をつけないと寒くて動けないです(笑)

しかし、乾燥は肌には大敵ですよね。
自分は冬場によく唇の乾燥によりパックリと割れて出血してしまうことがあるので、対策としては常に唇周りを舐めているか、リップクリームが手放せないです。

もちろん同様に頭皮も皮膚の一部ですから乾燥によるダメージを受ける可能性は十分にあります。
乾燥によりフケやかゆみが冬場には多くなりますが、注意しないといけないのは頭皮の乾燥から抜け毛に繋がる事です。

頭皮にはある程度の潤いが必要です。乾燥により潤いが奪われると頭皮を保護する力が弱くなり、雑菌が入り込んでくることがあります。そうなると頭皮の皮膚炎になってしまい、さらに脂漏性湿疹に発展してしまう恐れもあります。
皮膚炎や脂漏性湿疹になると当然抜け毛に繋がってしまいますので、頭皮は常に清潔かつ潤っていないといけませんね。

ではどうやって防ぐか?

基本的な対策としては正しいシャンプーを毎日行い、さらにクレンジングオイルで頭皮を潤わせれば問題ありません。
ですが、もちろん洗いすぎにも良くなく、ある程度の油分を頭皮に残しておかないと頭皮の乾燥がさらに進み、フケが多くなりますので注意が必要です。しかしシャンプーなどはしっかり流しておかないとシャンプーの残りでも雑菌が繁殖してしまうので合わせて注意が必要です。
あとは居室や職場などに加湿器を置くなど対策があればベストです。



こうした基本的な頭皮ケア(スカルプケア)が頭皮のトラブルを防止し発毛を促すわけですが、これは冬に限ったことではなくもちろん1年中有効です。
またアロビックスなども毛根部分の皮脂汚れや角栓が取り除かれた状態なら毛根の奥まで薬剤が浸透し、頭皮の奥まで血流の改善が見込めまれ、発毛に繋がります。


冬の乾燥肌をきっかけに今一度頭皮ケアを見直してみてはいかがでしょうか。

カテゴリータグ:AGAの予防法

オンライン予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)

ED・AGA予防は健康から!目指せ健康な体

2016-01-20 (水曜日) 

皆さん、こんにちは。新橋ファーストクリニックです。

私事ですが、度々体調不良をおこしたりしたので個人的な今年の目標は「生活習慣の改善及び健康」を掲げてみました。

健康って当たり前であるようで意外と難しいですよね(笑)
しかしEDやAGAの抜本的な解決に“健康”は切っても切れないキーワードだと思います。
当然健康であればEDやAGAの予防にも繋がりますよね!
そんな訳で健康とは何か、少し考えてみました。

【睡眠】


22時~2時に成長ホルモンにより発毛が盛んになるので、理想としては22時には寝たいですね(笑)
睡眠不足も当然成長ホルモンが分泌されにくくなるので髪には悪影響となります。
その上でストレスの原因にもなり、よってそれがEDに繋がることも考えられます。
忙しいサラリーマンに取って22時に寝ることはほぼ不可能ですが、ED防止や発毛を考えるとやはりある程度の睡眠は重要です。
毎日決まった時間に寝て、シャキッと起きる事がまさに健康の第一歩ですね(笑)


【食事】


好き嫌い言わずバランス良く食べる事が理想ですが、コンビニのお弁当やお菓子、ファーストフードなどがあるとついつい食べてしまうかと(笑)
発毛を促すにはビタミンやミネラルが豊富な野菜や海草、髪の主成分であるタンパク質をしっかりとるには大豆など、また勃起力を維持するためには血液をサラサラにしないといけませんので、良質なタンパク質を含む魚や亜鉛を多く含む牡蠣が有効です。
逆にコレステロールを取りすぎてしまうと肥満になったり勃起力低下にも繋がる恐れがありますので注意が必要です。
そう考えると和食は栄養もバランスよく摂れて、ED・抜け毛防止に優れていますね!長寿の秘訣も和食と言いますし、和食は究極の健康食だと思います!
あとは腹八分目を心がければ尚良しです(笑)
食事で賄えない栄養素はサプリで補えますが、できれば美味しい食事で摂取したいですね。


【運動】


電車や車が近くにあるとついつい使ってしまい、運動不足になってしまいますね。
運動不足で新陳代謝・血流が悪くなると当然頭皮や髪にも、また勃起力にも影響が出てきます。
しかし毎日運動する事は忙しいサラリーマンには難しいですよね。
週末にサイクリングや山登り、ジムやプールに通えれば良いですがそれも難しい方には「1駅分ウォーキング」がおススメです(笑)
仕事帰りに一駅や二駅手前で降りてそこから家まで歩くのですが、意外な発見もあったりと楽しみつつ運動不足解消、肥満防止にもなりますよ(笑)

と、簡単に睡眠・食事・運動から挙げてみましたが、意外と難しいですよね(笑)
これら全て完璧に実行する事は難しいですが、意識するだけでも多少違うのではないでしょうか。
しかしこれら全て実行できたとしても防止できないこともあります。
その際はぜひ新橋ファーストクリニックで専門的に治療してみてください!

カテゴリータグ:抜け毛・薄毛予防

オンライン予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)

バイアグラ等一部薬にグレープフルーツは要注意です!

2016-01-12 (火曜日) 

皆さん、あけましておめでとうございます。
新橋ファーストクリニックです。

皆様、お正月休みはいかがだったでしょうか。
書いている私は以前介護職をしており、大晦日から元旦にかけ夜勤をしていたこともあり、あまり季節行事を感じられませんでしたが、今年はお正月休みをしっかりいただき気分新たにブログをしっかり書いていこうと思っております。

お正月というとお餅ですが、お餅にセットされるみかんも冬の醍醐味ですね(笑)
柑橘系の果物は冬から春にかけてが旬のものが多くて、この時期楽しみの一つです。
みかんにいよかん、デコポンなど挙げたらきりがないくらい種類が豊富なのも柑橘類の魅力ですね。

ですが、ここで一つ注意が。ご存知の方が多いと思いますが改めて。(この流れでおおよその方はピンときていると思いますが…笑)

バイアグラやシアリスなど一部薬品について、柑橘類のグレープフルーツ(ジュース含む)との併用禁忌薬品となっております。


なぜ影響を受けるか…??

例えばシアリスで言いますと、シアリスの添付文書に「本剤は主に薬物代謝酵素CYP3A4により代謝されます」と書いてあります。
代謝酵素CYP3A4は柑橘類、特にグレープフルーツでの相互作用がみられます。
グレープフルーツに含まれる成分が代謝酵素CYP3A4を阻害し、代謝速度を遅くしてしまい血中濃度を上げ体内への薬の吸収を高め、身体が過剰に取り込んでしまいそれで副作用として薬の作用が強く出てしまうのです。
ここで言う副作用というのは、頭痛、背部痛、消化不良、潮紅、筋痛等になります。
この副作用は、グレープフルーツと一緒に摂取しなくても出る可能性がありますが、グレープフルーツと一緒に摂取することでこれらの副作用がより強く出てきます。
また血圧を下げる作用も強く出る可能性があるので非常に危険です。



ちなみに高血圧治療薬(アムロジピン)なんかもグレープフルーツとの相互作用があることは有名ですよね。
もちろんED治療薬と高血圧治療薬との併用もダメですよ!

ちなみにですが、グレープフルーツだけがダメという訳ではなくその他一部の柑橘類で相互作用が見られるのですが、みかんやオレンジ、レモンなどは影響しないので安心してください。
もちろん内服時のお話なので、普段は全然食べても大丈夫ですよ(笑)
それでも心配される方は、内服時だけ柑橘類(ジュース含む)を控えれば全く問題ありません。

新年早々女性からの甘い誘惑は大歓迎ですが、グレープフルーツですっぱい思い出は作らないようにしてくださいね!

カテゴリータグ:ED治療

オンライン予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

  • 初めての方(初診)
  • 既に当院で診察を受けた方(再診)
[最初へ]     前へ  1234567  次へ  [最後へ]
診療時間
ED・AGA相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

ED・AGAの無料相談はコチラ

ブログ内検索

RSS1.0RSS2.0ATOM
▲このページの上部へ